のっけ弁当で食べごたえも十分♪ 汁がないカレーならお弁当にもおすすめ!

#食 
「春キャベツのキーマカレーのっけ弁当」


お弁当にカレーを入れることはあまりないですよね。炒めて作るカレーは、汁もれの心配もないのでおすすめ。今回は、食べごたえ抜群なカレーのっけ弁当5選をご紹介します。

春キャベツのキーマカレーのっけ弁当


【材料・1人分】

合いびき肉 100g、キャベツ 1枚、ミニトマト 5個、サニーレタス 1/2枚、にんにくのみじん切り 1/2片分、ご飯 茶碗1杯分、粉ざんしょう 小さじ1/3、オイスターソース 小さじ1、サラダ油、カレー粉、トマトケチャップ

【作り方】

1. キャベツはみじん切りにし、ミニトマトは縦半分に切る。サニーレタスは手で食べやすい大きさにちぎる。

2. フライパンに油大さじ1を熱し、にんにくを入れて炒める。香りが立ったら、ひき肉を加えてほぐしながら炒め、ポロポロになったらキャベツを加えて炒め合わせる。キャベツがしんなりしたらミニトマトを加えて炒める。ミニトマトに火が通ったら、カレー粉大さじ1/2、粉ざんしょうを加えてさっと炒め合わせ、火を止める。

3. オイスターソース、ケチャップ大さじ1を加え、混ぜ合わせる。

4.弁当箱にご飯を詰める。サニーレタスをのせて広げ、3をのせる。

(1人分628kcal、塩分1.3g)

レタスとミニトマトの明るい色合いがお弁当を彩ります。レタスは手でちぎり、ふりふりした葉先が見えるように広げてください。粉ざんしょうのしびれる辛さがアクセントのカレーは、元気をチャージしたいときにぴったり。

ドライカレー弁当


野菜をみじん切りにし、ご飯はバットに広げてさましましょう。炒めた具材にミックスビーンズを入れたら、木べらで潰して炒め合わせるのがポイント。ミックスビーンズをカレーに加えれば、ボリュームがアップします。

豆のうまみが口に広がる♪「ドライカレー弁当」


すりおろし野菜のキーマカレー弁当


同じ皿でにんじんとセロリを順番におろすのがポイント。フライパンにはひき肉とすった野菜を一緒に入れて、汁けがなくなるまで混ぜ合わせます。すりおろした野菜を使って調理すると、舌ざわりのよい仕上がりに。

「すりおろし野菜のキーマカレー弁当」


豆腐のドライカレー弁当


細かく炒めた豆腐はひき肉のような見た目と食感に変わります。豆腐を細かくするときは箸4本を使って、手早く全体を炒めるのがコツ。ヘルシーな豆腐を使えば、ダイエット中でもカレーを堪能できるので◎

「豆腐のドライカレー弁当」


キーマカレー弁当


キーマカレーの素を前日に用意しておくと、お弁当作りが楽になります。全体に火が入るまで炒めたら、ご飯を詰めたお弁当箱にのせるだけ。しっとりしたとりひき肉と、つけ合わせに入れたアチャールの酸みがたまりません。

「キーマカレー弁当」


華やかな見た目のカレーのっけ弁当で、ちょっとおしゃれなランチにしてみてはいかが?

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //