忙しい朝でも野菜の栄養をチャージ! 5分で作れる月~金のスープ

#食 
「たっぷりアスパラガスとベーコンのスープ」


忙しいときの食事は、どうしても栄養バランスが偏ってしまいがち。パパっと作れる野菜のスープなら、手軽に毎日の食事に取り入れられますよ。5分で作れるので、時間がないときにも大活躍。冷蔵庫に残っていた野菜を使って、食卓に不足しがちな栄養を取り入れてみませんか?

たっぷりアスパラガスとベーコンのスープ


【材料・2人分】

ベーコン 2枚、グリーンアスパラガス 4~5本、サラダ油、塩、こしょう

【作り方】

1. アスパラガスは根元のかたい部分の皮を皮むき器でむき、1cm長さに切る。ベーコンは1cm幅に切る。

2. 鍋に油小さじ1を中火で熱し、ベーコンを入れて炒める。香りが立ったら水2カップを加え、煮立ったらアスパラガス、塩小さじ1/2、こしょう少々を加え、約1分煮る。

(1人分90Kcal、塩分1.8g、調理時間5分)

アスパラガスは根元のかたい部分をむき、長さ1cmに切りましょう。香りが立つまでベーコンを炒めたら、水とアスパラガスを加えて煮こみます。ベーコンのうまみがだし代わりになるので、味つけはシンプルに塩こしょうだけでOK。

かぶとベーコンのスープ


かぶのやわらかな歯ざわりがやみつきになるはず。とりガラスープの素を使って、やさしい味わいに仕上げます。

ベーコンのほどよい塩けが味の決め手!「かぶとベーコンのスープ」


グリーンピースとソーセージのスープ


ころころとしたグリーンピースが可愛いスープ。玉ねぎなどの具材は、先にバターで炒めておくのがポイントです。

「グリーンピースとソーセージのスープ」


なすとミニトマトのスープ


ラー油のピリッとした辛さが食欲をそそります。なすとトマトを使った夏らしいスープを、ぜひ堪能してみて。

「なすとミニトマトのスープ」


長いもとわかめのスープ


長いもはポリ袋に入れて、めん棒で粗くたたきます。とき入れたわさびの風味がアクセントに。

「長いもとわかめのスープ」


あっという間に作れる野菜のスープは、食卓に汁ものが欲しいときにもおすすめ。どのスープもあっさりとした味なので、さまざまな料理にマッチしますよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //