定番以外にも挑戦してみて! ひと工夫加えた豚のしょうが焼き5選

#食 
「豚こまのマヨしょうが焼き」


甘辛い味つけが特徴の「豚のしょうが焼き」は、ご飯と相性抜群の定番・肉料理。手軽に作れて食べごたえがあるので、食卓に並ぶ機会は多いですよね。今回はひと工夫加えた豚のしょうが焼き5選をご紹介。アレンジのきいたレシピが、わが家の新定番になるかも!?

豚こまのマヨしょうが焼き


【材料・2人分】

豚こま切れ肉 300g、黄パプリカ 1/4個、ベビーリーフ 1袋(約50g)、おろししょうが 1と1/3かけ分、おろしにんにく 少々、砂糖 大さじ1/2、しょうゆ 大さじ1と1/2、みりん 大さじ1、マヨネーズ 大さじ1

【作り方】

1. 黄パプリカは縦薄切りにする。ボウルに豚こま切れ肉、おろししょうが、おろしにんにく、砂糖大さじ1/2、しょうゆ大さじ1と1/2、みりん大さじ1を入れてもみ込む。

2. フライパンにマヨネーズ大さじ1を強めの中火で熱する。ふつふつしたら豚肉を加え、色が変わるまで炒める。

3. 器にベビーリーフとパプリカを盛り、2をのせる。

(1人分470Kcal、塩分2.4g)

マヨネーズを使って炒めると、まろやかなコクが加わります。豚肉や黄パプリカ、しょうが、にんにく入りのしょうが焼きは、スタミナチャージにもおすすめ。ベビーリーフと一緒に盛りつけて、見映えよく仕上げてください。

豚のソースしょうが焼き


ソースのこうばしさが食欲をそそります。しょうがソースを加えたら、照りがでるまで肉と玉ねぎにからめるのがポイント。

青のりをふって彩りアップした「豚のソースしょうが焼き」


豚の塩しょうが焼き


「豚肉のオニオン冷凍ストック」を活用するので調理がらくちん。できあがったしょうが焼きに、好みで七味とうがらしをふりかけてもOKです。

「豚の塩しょうが焼き」


黒酢ポークジンジャー


黒酢だれがよくからむよう、卵を肉にコーティングします。おろしにんにくの辛みがアクセントに。

「黒酢ポークジンジャー」


豚の梅しょうが焼き


ほんのりと甘酸っぱい味つけがやみつきになる1品。梅シロップのうまみがおいしさを引き立てます。

「豚の梅しょうが焼き」


簡単に作れる豚のしょうが焼きは、忙しい日や時間がないときにぴったりのメニューです。日々の食事だけでなくお弁当作りにも活躍しますよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //