お刺身だけじゃない! 加熱してますますおいしい「まぐろ」のおかず 画像(1/5) 「まぐろのステーキ」

日本人にとってなじみ深い食材である「まぐろ」。おいしく栄養も豊富なまぐろは、今や日本だけでなく世界でも人気の魚です。今回はまぐろを使ったおかず5選をご紹介。見映えよく盛りつければ、小料理屋さんの小鉢風に仕上がります。ちょっとした贅沢感が味わえるまぐろレシピをぜひ作ってみてください。

まぐろのステーキ

【材料・2人分】

まぐろ(刺身用)1さく(約200g)、下味(しょうゆ 1/4カップ、塩 小さじ1/2、こしょう 少々)、長ねぎ 1/2本、青ねぎ(または万能ねぎ)1本、たれ(赤ワイン、しょうゆ 各大さじ3、おろしにんにく 小さじ1、こしょう 少々、小麦粉、ごま油、バター)

【作り方】

1. バットに下味の調味料とまぐろを入れ、途中、上下を返して約15分漬ける。長ねぎは斜め薄切りにして水にさらし、水をきる。青ねぎは斜め薄切りにする。下味に漬けたまぐろは、ペーパータオルで押さえて汁けをふき、表面に小麦粉をたっぷりまぶしてから、軽くはたく。器にたれの材料を混ぜ合わせる。まぐろは水分が多いので、まぶす小麦粉が少ないと水分が粉を吸ってしまう。押しつけるようにしっかりつけると、うまみを逃がさず、焼ける。

2. フライパンにごま油大さじ1を熱し、バター大さじ1を足す。バターが溶けたら、まぐろを入れ、両面にこんがり焼き色がつくまでふたをして焼く。

3. フライパンの油をペーパータオルでふき取り、1のたれを加え、さっとからめて火を止める。ワイン、しょうゆ、にんにくなどを混ぜたたれを、焼いたまぐろにさっとからめて仕上げる。まぐろにつけた小麦粉によって、たれに少しとろみもつく。

4. 皿に1の長ねぎを広げ、まぐろを2cm幅に切ってのせる。フライパンに残ったソース適宜をかけ、青ねぎをのせる。好みで一味とうがらしをふっても。

(1人分246Kcal、塩分2.2g)

まぐろのうまみを逃がさないよう、小麦粉をたっぷりまぶすのがコツ。ワインやしょうゆ、にんにくを混ぜたたれが味の決め手です。焼き上げたまぐろを2cm幅にカットし、断面がきれいに見えるよう盛りつければできあがり。

きのこのねぎま風さっと煮

だし汁のやさしい味わいがほっとする1品です。まぐろを短い時間で煮込むことで、身がかたくならないので◎

お刺身だけじゃない! 加熱してますますおいしい「まぐろ」のおかず 画像(3/5) たっぷり野菜で食べごたえ抜群!「きのこのねぎま風さっと煮」

まぐろのさっとソテー

春菊のほろ苦さがアクセントに。粗みじん切りにした春菊をレンジで加熱したら、オリーブ油と長いも、しょうゆを混ぜ合わせます。

お刺身だけじゃない! 加熱してますますおいしい「まぐろ」のおかず 画像(6/5) 「まぐろのさっとソテー」

まぐろのしょうが竜田揚げ

まぐろは調理する前に塩をふって15分以上おくのがポイントです。しょうがをたっぷり使うことで食欲もアップ。

お刺身だけじゃない! 加熱してますますおいしい「まぐろ」のおかず 画像(10/5) 「まぐろのしょうが竜田揚げ」

まぐろのコロコロソテー

バターじょうゆのこってりとした味がご飯とマッチ。青じそのさわやかな香りが口の中に広がります。

お刺身だけじゃない! 加熱してますますおいしい「まぐろ」のおかず 画像(15/5) 「まぐろのコロコロソテー」

まぐろを買うときは鮮やかで色の冴えているものをチョイス。冷凍品はパックに汁が出ていることがありますが、濁っていなければ大丈夫です。