5分でサクッと完成! 旬のいんげんを使ったスピードあえもの

#食 
「いんげんのごまおかかあえ」


6月から9月にかけてが旬の“さやいんげん”。シャキッとした独特の歯ごたえを堪能できる食材です。メインのつけ合わせで登場するイメージもありますが、今回は5分で作れるあえものをピックアップ。パパッと作れるいんげんのあえものは、食卓が寂しいときに役立ちますよ。

いんげんのごまおかかあえ


【材料・2人分】

油揚げ 1/3枚、さやいんげん 10本、あえごろも(削りがつお 小1袋[約3g]、白いりごま、しょうゆ 各小さじ1)、塩

【作り方】

1. いんげんは塩を加えた熱湯でさっとゆで、ざるに上げて湯をきり、長さを半分に切る。油揚げは熱湯を回しかけて、油抜きし、1cm幅に切る。

2. ボウルにあえごろもの材料を混ぜ合わせる。1を加えてあえる。

(1人分44Kcal、塩分0.5g、調理時間5分)

サッとゆでたいんげんのシャキシャキ感を楽しめる1品。油っぽくならないように、油揚げは熱湯をかけて油抜きするのがおいしく作るコツです。ごまと削りがつおのふんわりした香りがGOOD。

いんげんのごまみそあえ


みそのコクとマヨネーズの酸みがいんげんと見事にマッチ。あえごろもには砂糖を加えて甘みをプラスします。

マヨネーズとごまが際立った「いんげんのごまみそあえ」


いんげんのクリームチーズあえ


いんげんをクリームチーズやしょうゆなどで味つけしたあえものです。お好みですりごまをトッピングするのも◎

「いんげんのクリームチーズあえ」


いんげんのゆずこしょうマヨ


ピリッとした辛みのゆずこしょうマヨネーズがいんげんと相性抜群。いんげんは塩を入れた熱湯で2~3分ボイルして、冷水で粗熱をとりましょう。

「いんげんのゆずこしょうマヨ」


いんげんの豆腐そぼろあえ


豆腐は半分にカットしてペーパータオルで包み、電子レンジで約40秒加熱します。水きりした豆腐とザーサイの独特な食感がクセになるはず。

「いんげんの豆腐そぼろあえ」


いんげんはビタミンが豊富に含まれており、代謝を促進するアミノ酸も摂取できます。和風から洋風までアレンジできるいんげんで、あえものに挑戦してみてはいかが?

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)