いつもの炒めものがいきなり新鮮に!? 簡単「野菜のカレー炒め」5選

#食 
「トマトとさば缶のカレー炒め」


とにかく便利な炒めもの。とはいえ、わりとマンネリな味付けになりがちな人も多いのでは? 今回はそんなときに思い出してほしい、「カレー粉を使った炒めもの」をご紹介。スパイシーなアクセントにご飯も進むものばかりですよ。

トマトとさば缶のカレー炒め


【材料・2~3人分】

トマト(乱切り)1袋、さば水煮缶(缶汁をきる)1缶(約200g)、玉ねぎ(5mm幅のくし形切り)1/4個、合わせ調味料(しょうゆ 大さじ1、カレー粉 小さじ1、塩 少々)、オリーブ油

【作り方】

1. フライパンにオリーブ油大さじ1/2を中火で熱し、玉ねぎを約1分炒める。

2. さばを加えて炒め合わせ、トマトを加えて強火にし、約1分炒める。合わせ調味料を加えて手早く混ぜる。

お料理メモ

トマト1袋=3個(550~600g)を目安にしています。

(1人分167Kcal、塩分1.5g)

トマトの酸みがさばにいきわたり、なんともやみつきな味わいに。カレー粉、しょうゆ、塩を混ぜ合わせた調味料が味の決め手になります。こうばしいカレーの香りを楽しみながらめしあがれ。

厚揚げと里いものカレー炒め


歯ごたえが豊かな食材にカレー粉を加えたメニュー。密閉容器に入れれば、冷蔵室で約3日間保存可能です。

レンコンの食感も楽しめる「厚揚げと里いものカレー炒め」


ほうれん草とベーコンのカレー炒め


ベーコンとほうれん草の王道コンビがカレーと絶妙にマッチ! バターを加えることで、口当たりがマイルドに仕上がります。

「ほうれん草とベーコンのカレー炒め」


ツナとじゃがいものカレー炒め


フライドポテトのようにいただける1品です。ツナやじゃがいもを噛みしめるたびに、カレーの辛みが味わえて◎

「ツナとじゃがいものカレー炒め」


キャベツとちくわのカレー炒め


おつまみ感覚でパクパク食べられます。キャベツのシャキシャキとちくわのやわらかい食感が相性抜群。

「キャベツとちくわのカレー炒め」


食材を炒めたあとにカレー粉を加えるだけなので、忙しい時でもパパッと作れます。カレーと野菜の炒めもので食欲の秋を満喫してみては?

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //