スパゲッティを大胆アレンジ! おもてなしにも◎なパスタを使ったメニュー 画像(1/3) 「パスタのパエリヤ」

パパッと調理できる“パスタ”は、味のバリエーションを何種類知っていても損はないはず。具材を変えるだけでもマンネリ化を防げますが、少し工夫をすればおもてなしにも使える料理が作れますよ。今回のパスタレシピはメインとしてはもちろん、おかずとしても大活躍するものばかり。アツアツのうちに味わってくださいね。

パスタのパエリヤ

【材料・2人分】

いか 小1ぱい分(正味約100g)、むきえび 50g、赤パプリカ 1/2個、玉ねぎ 1/2個、にんにくのみじん切り 1片分、スパゲッティ(1.9mm)150g、白ワイン 大さじ3、片栗粉、オリーブ油、塩、カレー粉、こしょう

【作り方】

1. いかはわたごと足を引き抜き、1.5cm幅の輪切りにし、足は2~3本ずつに切り分ける。えびは背わたがあれば除き、片栗粉少々をまぶし、水洗いしてペーパータオルで水けを拭く。パプリカは1cm四方に切る。玉ねぎは1cm角に切る。スパゲッティは2.5~3cm長さに折る。パスタは、あらかじめ2.5~3cm長さに折っておく。数本まとめて指先で折ると手早くできる。

2. フライパンにオリーブ油大さじ2を弱火で熱し、にんにくを入れてじっくり炒める。香りが立ったら玉ねぎとパプリカを加え、しんなりするまで炒める。いかとえびも加えて塩少々をふり、えびの色が変わったらカレー粉小さじ2をふり入れて炒める。香りが立ったらワインを入れてひと煮立ちさせ、水2カップを加える。

3. 煮立ったらスパゲッティを入れ、塩小さじ2/3、こしょう少々を加えてひと混ぜしてふたをする。焦げないように時々混ぜながら12~13分、煮汁がほとんどなくなるまで煮る。

(1人分499Kcal、塩分2.7g、調理時間30分)

細かく砕いたパスタをお米に見立てたパエリア風の1品。味がパスタの中までしっかり染みこむように、煮汁がなくなるまで12~13分ほど加熱します。プリッとしたむきえびがカレーの風味と相性抜群。

ブロッコリーのパスタグラタン

ピザ用チーズがとろけるまでオーブンでこんがり焼きましょう。鮮やかなブロッコリーペーストが味の決め手。

スパゲッティを大胆アレンジ! おもてなしにも◎なパスタを使ったメニュー 画像(3/3) シャキッと感が絶品!「ブロッコリーのパスタグラタン」

パスタオムレツ

フライパンにふたをかぶせて裏返せば、オムレツが割れる心配もありません。トマトケチャップをたっぷりかけてめしあがれ。

スパゲッティを大胆アレンジ! おもてなしにも◎なパスタを使ったメニュー 画像(6/3) 「パスタオムレツ」

パスタを使ったアレンジメニューは大きめのお皿に盛りつけると、さらにゴージャスな見た目に変身します。手軽にボリュームがアップできるため、家族や友達に振る舞ってみてはいかが?