和・洋・中で大活躍! めんつゆで味つけした簡単炒め5選

#食 
「とり肉とかぼちゃのカレー炒め煮」


薄めるだけでうどんなどの汁に変身する“めんつゆ”は、冷蔵庫にある定番の調味料。麺料理だけでなく、さまざまな料理にコクをプラスしてくれます。今回はめんつゆが味の主役となった炒めものをご紹介。和・洋・中のレシピをセレクトしたので、メインおかずのバリエーションをラクラク増やせますよ。

とり肉とかぼちゃのカレー炒め煮


【材料・2人分】

とりもも肉 1枚(約250g)、れんこん 1/2節(約100g)、かぼちゃ 1/8個(約180g)、しょうが 1かけ、長ねぎ(青い部分)の小口切り 3cm分、めんつゆ(3倍濃縮)大さじ2、カレー粉、みりん

【作り方】

1. れんこんは1cm厚さの半月切りにする。かぼちゃは大きめの一口大に、しょうがは3mm厚さに切る。とり肉は一口大に切る。

2. 油をひかずに鍋を火にかけて温め、とり肉の皮目を下にして並べて焼く。皮目に焼き色がついたら上下を返してれんこんを加え、とり肉の両面に焼き色がつくまで焼く。しょうが、カレー粉小さじ2を加えてさっと炒め、水1と1/4カップ、めんつゆ、みりん大さじ1を加えて煮る。

3. 煮立ったらかぼちゃを加え、竹串を刺し、すーっと通るくらいになったら、アルミホイルで落としぶたをしてさらに約5分煮る。落としぶたを取り強めの中火にし、汁けが半分になるまで煮詰める。器に盛り、ねぎをのせる。かぼちゃは最後に加え、落としぶたをして煮ると、煮くずれしにくい。

(1人分394Kcal、塩分0.7g、調理時間15分)

スパイシーなカレーの風味がめんつゆと絶妙にマッチ。かぼちゃは最後に加えて、煮くずれを防止するのがポイントです。ホクホクした食感のかぼちゃを甘辛い煮汁と一緒にめしあがれ。

豚肉ともずくのトマト炒め


調理時間10分で完成するお手軽メニュー。もずくははさみで3~4回ほどカットすると、食べやすい長さになります。

ツルッとした口当たりがクセになる「豚肉ともずくのトマト炒め」


豚と小松菜のごましょうが炒め


火の通り方が違う小松菜の茎と葉は、タイミングをずらして加熱しましょう。おろししょうがの爽やかな風味でさっぱりといただけるはず。

「豚と小松菜のごましょうが炒め」


豚肉ときゅうりの梅炒め


きゅうりは豚肉から出た脂を利用して炒めればOK。白すりごまの香りがアクセントになり、ご飯が進みます。

「豚肉ときゅうりの梅炒め」


サーモンのチリソース炒め


豆板醤とめんつゆをベースにしたチリソースが味の決め手。サーモンの両面をこんがり焼くと、ソースがしっかりからみます。

「サーモンのチリソース炒め」


濃縮タイプのめんつゆを使うと簡単に味つけできますが、煮詰めすぎると味が濃くなってしまうことも。めんつゆの分量に注意しながら加えてくださいね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //