牛肉だけじゃない! おもてなしにもぴったりな「魚介のステーキ」5選

#食 
「まぐろのステーキ」


人を招くことも多くなるこの時期。今回はそんなおもてなしに重宝する魚介ステーキをご紹介します。牛肉では味わえないふんわりした口当たりを、さまざまなソースと一緒に堪能してみませんか?

まぐろのステーキ


【材料・2人分】

まぐろ(刺身用)1さく(約200g)、下味(しょうゆ 1/4カップ、塩 小さじ1/2、こしょう 少々)、長ねぎ 1/2本、青ねぎ(または万能ねぎ)1本、たれ(赤ワイン、しょうゆ 各大さじ3、おろしにんにく 小さじ1、こしょう 少々)、小麦粉、ごま油、バター

【作り方】

1. バットに下味の調味料とまぐろを入れ、途中、上下を返して約15分漬ける。長ねぎは斜め薄切りにして水にさらし、水をきる。青ねぎは斜め薄切りにする。下味に漬けたまぐろは、ペーパータオルで押さえて汁けをふき、表面に小麦粉をたっぷりまぶしてから、軽くはたく。器にたれの材料を混ぜ合わせる。まぐろは水分が多いので、まぶす小麦粉が少ないと水分が粉を吸ってしまう。押しつけるようにしっかりつけると、うまみを逃がさず、焼ける。

2. フライパンにごま油大さじ1を熱し、バター大さじ1を足す。バターが溶けたら、まぐろを入れ、両面にこんがり焼き色がつくまでふたをして焼く。

3. フライパンの油をペーパータオルでふき取り、1のたれを加え、さっとからめて火を止める。ワイン、しょうゆ、にんにくなどを混ぜたたれを、焼いたまぐろにさっとからめて仕上げる。まぐろにつけた小麦粉によって、たれに少しとろみもつく。

4. 皿に1の長ねぎを広げ、まぐろを2cm幅に切ってのせる。フライパンに残ったソース適宜をかけ、青ねぎをのせる。好みで一味とうがらしをふっても。

(1人分 246Kcal、塩分2.2g)

赤ワインベースのたれが淡泊なまぐろと見事にマッチ。まぐろは水分が多いため、しっかりと小麦粉をまぶしてからソテーします。お好みで一味とうがらしをふって味にアクセントをつけてもGOOD。

かつおステーキ和風マスタードソース


レモンと粒マスタードの酸みでさっぱりとした味わいに。にんにくの香りが食欲をそそります。

玉ねぎの甘みが際立つ「かつおステーキ和風マスタードソース」


サーモンステーキ


バターじょうゆのような風味がサーモンと相性抜群。サーモンを蒸し焼きにすると火が通る時間を短縮できます。

「サーモンステーキ」


ぶりのガーリックバターステーキ


つけ合わせのれんこんとぶりを一緒にいただく1品です。合わせ調味料をからめてめしあがれ!

「ぶりのガーリックバターステーキ」


まぐろステーキのタルタルソース


タルタルソースに加えるたまねぎは、水けを絞ってから他の具材と混ぜ合わせましょう。まぐろはさっと加熱すればOKです。

「まぐろステーキのタルタルソース」


魚に小麦粉をつけて焼く場合は、焦げやすいので注意してください。切り身や刺身用の魚を使用すると、下処理せずにぱぱっと調理できますよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //