薬味以外でも大活躍! 旬の長ねぎで作る副菜5選 画像(1/5) 「長ねぎのレンジスープ煮」

薬味や香味野菜として重宝するねぎですが、メインおかずとしても十分に活躍が期待できます。今回は、長ねぎを主役にした絶品の副菜を5つピックアップしました。どのメニューも、長ねぎの食感を心ゆくまで堪能できます。ちょうど旬真っ盛りなので、ぜひ食卓へ並べてみてください。

長ねぎのレンジスープ煮

【材料・2人分】

長ねぎ(白い部分)1と3/4本、水 1/2カップ、洋風スープの素(顆粒)小さじ1/3、ローリエ 1枚、塩 少々、粗びき黒こしょう 少々

【作り方】

1. 長ねぎは5cm長さに切る。耐熱ボウルに入れ、水1/2カップ、洋風スープの素(顆粒)小さじ1/3、ローリエ、塩少々を加え、ふんわりとラップをかけて電子レンジで約7分加熱する。

2. 器に盛り、粗びき黒こしょう少々をふる。

※電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(1人分31Kcal、塩分0.5g)

長ねぎの白い部分を使った温かなメニュー。噛んだ瞬間に、シャキシャキ食感と共に洋風スープのうまみがジュワッと溢れます。最後に粗びき黒こしょうをふると、こうばしく仕上がるはず。

長ねぎのピリ辛サラダ

長ねぎを2タイプに切り分けることで、歯ざわりの違いを楽しめます。コチュジャンのピリッとした辛みがたまりません。

薬味以外でも大活躍! 旬の長ねぎで作る副菜5選 画像(3/5) とことんねぎを味わえる「長ねぎのピリ辛サラダ」

長ねぎのレモン蒸し

ぶつ切りの長ねぎとレモンを組み合わせた1品。チンするだけであっという間にできあがります。

薬味以外でも大活躍! 旬の長ねぎで作る副菜5選 画像(6/5) 「長ねぎのレモン蒸し」

長ねぎのマリネ

おつまみや箸休めにぴったりなマリネです。長ねぎは、長さ4cmくらいにカットすると食べやすいサイズに。

薬味以外でも大活躍! 旬の長ねぎで作る副菜5選 画像(10/5) 「長ねぎのマリネ」

長ねぎのオイル漬け

塩としょうゆでシンプルに味つけしたオイル漬け。噛めば噛むほどねぎ本来の甘みを堪能できます。

薬味以外でも大活躍! 旬の長ねぎで作る副菜5選 画像(15/5) 「長ねぎのオイル漬け」

長ねぎの独特な香りは“硫化アリル”によるもの。硫化アリルは消化液の分泌を促進する他、食欲増進や生臭みを消す効果もあるようです。