5分で簡単調理! 油揚げと野菜で作るスピード副菜5選

#食 
「油揚げとねぎのさっと炒め」


余った“油揚げ”を使って、おかずをもう1品増やしてみませんか? 毎日忙しい主婦にとって、料理はスピードが命。副菜といえど、調理時間はあまりかけたくないですよね。そこで今回は、油揚げと野菜を使った「スピード副菜」をピックアップ。どのレシピも5分以内で作れるので、プラスワンしたいときの強い味方になるかも。

油揚げとねぎのさっと炒め


【材料・2人分】

油揚げ 1枚、長ねぎ 大1本、ごま油、しょうゆ

【作り方】

1. ねぎは5mm幅の斜め切りにする。油揚げは縦半分に切って、横5つに切る。

2. フライパンを油をひかずに火にかけ、油揚げを入れて両面焼き色がつくまで焼く。ごま油小さじ1とねぎを加えて炒める。ねぎがしんなりしたら、しょうゆ小さじ2を加えてからめる。

(1人分 99Kcal、塩分0.9g、調理時間5分)

油揚げとねぎといえばみそ汁の定番具材ですが、ごま油としょうゆで炒めれば簡単スピード副菜に大変身します。こんがり焼けた油揚げは、香ばしさがGOOD。食欲をより一層掻き立ててくれるはずですよ。

お揚げのからしあえ


油揚げの余熱を生かした1品。あえごろもに練りがらしを使うことで、大人の味わいに仕上げています。酒のお供にも合いそう。

油揚げの余熱でしっとり仕上げた「お揚げのからしあえ」


水菜と油揚げのナムル


水菜にはβ-カロテンやビタミン類など、風邪の予防に効果的な栄養素がたっぷり。ごま油の風味がアクセントになって、水菜をたくさん食べられます。

「水菜と油揚げのナムル」


焼き大根


大根の両面に焼き色がつくまで焼き上げ、塩こしょうで味を整えます。カリカリに焼いた油揚げと一緒に召し上がれ。

「焼き大根」


レタスと油揚げの煮びたし


具材はレタスと油揚げのみ。味つけも至ってシンプルですが、だしのうまみがしみこんだ煮びたしはご飯の最高のお供に。レタスの鮮やかな緑色のおかげで、色合いも完璧です。

「レタスと油揚げの煮びたし」


油揚げを活用して、今日のおかずをもう1品追加。冷蔵庫に余った野菜を組み合わせて、新たな副菜レシピに挑戦するのも面白いかもしれませんね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)