ゴロゴロ具材で食べごたえ抜群! 豚肉と作る「カリフラワー炒め」5選 画像(1/5) 「豚肉とカリフラワーのにんにくマヨ炒め」

クリーム系の料理に合わせる印象が強い“カリフラワー”ですが、じつは炒め物にしてもGOOD。豚肉と一緒に炒めれば、ボリューム満点の1品が作れます。そこで今回は、豚肉と作る「カリフラワー炒め」をご紹介。食べごたえ抜群のカリフラワー料理で、家族のお腹を満たしてみてはいかが?

豚肉とカリフラワーのにんにくマヨ炒め

【材料・2人分】

豚ロースとんカツ用肉 2枚、カリフラワー 小1/2個(約200g)、赤パプリカ 1/2個、にんにくマヨ(おろしにんにく 少々、マヨネーズ 大さじ1と1/2)、塩、こしょう、小麦粉、オリーブ油、粗びき黒こしょう

【作り方】

1. カリフラワーは小房に分け、大きいものは縦2~3等分に切る。パプリカは横半分に切ってから、縦細切りにする。豚肉は2cm幅に切り、塩、こしょう各少々をふり、小麦粉小さじ2をまぶしつける。

2. フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、カリフラワー、パプリカを加え、塩小さじ1/4弱、こしょう少々をふって強めの中火で炒める。カリフラワーに焼き色がついたら、いったん取り出す。

3. フライパンにオリーブ油大さじ1/2を足し、豚肉を並べ入れてふたをし、約2分焼く。ふたを取って上下を返し、再度ふたをして約2分焼く。ふたを取って余分な脂をペーパータオルで拭き取り、2を戻し入れて炒め合わせ、火を止めてにんにくマヨを加えてからめる。マヨネーズ感が残るようにからめて仕上げる。器に盛って粗びき黒こしょう適量をふる。

(1人分472Kcal、塩分1.7g、調理時間10分)

おかずのボリュームをアップするために、豚肉はとんカツ用の肉を使用します。カリフラワーの絶妙な歯ごたえも相まって、十分な満腹感を得られるはず。味つけにはマヨネーズとにんにくを使い、子どもも大好きな味わいに。お弁当のおかずにしても◎

豚とカリフラワーのカレー炒め

具材をしっかりと炒め、野菜の甘みを十分引き出します。にんにくとしょうがの香りに食欲が掻き立てられて、箸が止まらなくなるかも。

ゴロゴロ具材で食べごたえ抜群! 豚肉と作る「カリフラワー炒め」5選 画像(3/5) 野菜の甘みがきいた「豚とカリフラワーのカレー炒め」

豚肉とカリフラワーのレモン炒め

カリフラワーはあらかじめ電子レンジで加熱しておくと、肉や玉ねぎと炒めたときに火の通りが均一になります。にんにくの香りをほんのりきかせるのがポイント。

ゴロゴロ具材で食べごたえ抜群! 豚肉と作る「カリフラワー炒め」5選 画像(6/5) 「豚肉とカリフラワーのレモン炒め」

豚肉とカリフラワーのトマトじょうゆ炒め

トマトは煮くずれしやすいので、カリフラワーがやわらかくなってから加えましょう。トマトとカリフラワーの紅白が映えて、色合いもばっちりです。

ゴロゴロ具材で食べごたえ抜群! 豚肉と作る「カリフラワー炒め」5選 画像(10/5) 「豚肉とカリフラワーのトマトじょうゆ炒め」

豚とカリフラワーのカレークリーム炒め

カリフラワーと合わせてエスニックな雰囲気に。味つけに使った「カレーじょうゆ豆腐クリーム」は、他のレシピでも大活躍してくれますよ。

ゴロゴロ具材で食べごたえ抜群! 豚肉と作る「カリフラワー炒め」5選 画像(15/5) 「豚とカリフラワーのカレークリーム炒め」

カリフラワーには、ビタミンCや食物繊維などの栄養素がたっぷり。中でもビタミンCに関しては、カリフラワー100gで1日の必要量をまかなえます。カリフラワー炒めは満腹感だけでなく、美容や健康効果も期待できそうですね。