ゆでなくてもOK! レンジを活用したカリフラワーの副菜5選 画像(1/5) 「カリフラワーのレンジピクルス」

11~3月にかけて最盛期を迎えるカリフラワーですが、調理している際に「下ゆでするのが面倒くさい…」と感じることってありませんか? 今回は電子レンジを活用したカリフラワーの副菜レシピをご紹介。ボイルする手間だけでなく、洗いものまで短縮できますよ。パクッと口に運べるメニューなので、箸休めにもぴったりです。

カリフラワーのレンジピクルス

【材料・2人分】

ロースハム 3枚、カリフラワー 1/2個、赤パプリカ 1/3個、オリーブ油 大さじ1、酢 小さじ2、塩、こしょう 各少々

【作り方】

1. カリフラワーは小房に分け、大きいものは縦半分に切る。赤パプリカは縦7mm幅に切る。ロースハムは1cm四方に切る。

2. 耐熱ボウルにオリーブ油大さじ1、酢小さじ2、塩、こしょう各少々を入れてよく混ぜ、1を加えて混ぜる。ふんわりとラップをかけて電子レンジで約2分加熱する。

※電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(1人分142Kcal、塩分1.0g)

赤パプリカやロースハムの彩りがとても可愛らしいピクルス。カットした具材をボウルに入れて、電子レンジで約2分ほど加熱します。しっかりした味わいのメインおかずと相性抜群!

カリフラワーのカレーパン粉サラダ

カリカリになるまで炒めたパン粉がアクセントに。仕上げにレモン汁を加えて爽やかな風味をプラスします。

ゆでなくてもOK! レンジを活用したカリフラワーの副菜5選 画像(3/5) 心地よい歯触りがGOOD!「カリフラワーのカレーパン粉サラダ」

カリフラワーのカレーマリネ

玉ねぎをスライスしたら、2~3分ほど水にさらしてください。スパイシーな香りが食欲をそそるかも。

ゆでなくてもOK! レンジを活用したカリフラワーの副菜5選 画像(6/5) 「カリフラワーのカレーマリネ」

かぶとカリフラワーのマリネ

甘酸っぱいマリネ液が味の決め手です。レンチンした具材にマリネ液をしっかりなじませるのがポイント。

ゆでなくてもOK! レンジを活用したカリフラワーの副菜5選 画像(10/5) 「かぶとカリフラワーのマリネ」

レンジピクルス

1人前58kcalに収まったヘルシーメニュー。セロリの独特な香りが粒マスタードの辛みと絶妙にマッチします。

ゆでなくてもOK! レンジを活用したカリフラワーの副菜5選 画像(15/5) 「レンジピクルス」

カリフラワーはいたみやすい食材なので、早めに使いきりましょう。保存する場合は、1度ボイルしてから冷凍するのがおすすめです。