おかずにもなる! 旬の白菜を使ったボリュームスープ5選

#食 
「豆腐肉だんごの中華はるさめスープ」


外の気温が肌寒くなると、汁ものでほっこりしたくなりますよね。今回は旬を迎えた白菜のスープをピックアップしました。食べごたえのあるレシピを集めたので、献立のおかずが寂しいときにも重宝しますよ。

豆腐肉だんごの中華はるさめスープ


【材料・2人分】

肉だんご(豚ひき肉 200g、もめん豆腐 1/2丁[約150g]、おろししょうが、しょうゆ 各小さじ1、酒、片栗粉 各大さじ1、塩、こしょう 各少々)、緑豆はるさめ 30g、白菜 3枚(約200g)、赤パプリカ 1/4個、にら 2~3本、煮汁(オイスターソース 大さじ1、とりガラスープの素、しょうゆ 各小さじ1、塩、こしょう 各少々、水 2と1/2カップ)、ごま油

【作り方】

1. はるさめは熱湯に約5分つけてもどし、湯をきってざく切りにする。白菜は葉と軸に切り分け、軸は3cm幅のそぎ切りにし、葉はざく切りにする。パプリカは横半分に切って縦5mm幅に切る。にらは3cm長さに切る。

2. ボウルに肉だんごの材料を入れてよく練り混ぜ、6等分にして円盤形に整える。

3. フライパンにごま油小さじ1を熱し、2を並べる。約2分焼いて上下を返し、同様に焼く。白菜の軸、パプリカを加えて炒め合わせ、煮汁、はるさめを加えてアクを取りながら5~6分煮る。

4. 白菜の葉、にらを加え、にらの色が鮮やかになるまで煮る。

(1人分398Kcal、塩分3.2g)

肉だんごや緑豆はるさめを加えてボリュームアップさせたスープです。肉だんごをおいしく作るポイントは、豆腐を水きりせずに豚ひき肉と混ぜ合わせること。はるさめのツルッとした口当たりを堪能できます。

白菜のワンタンスープ


白菜の葉は火が通りやすいので、さっとボイルしてください。お好みでラー油をプラスするのもGOOD!

ジューシーな肉汁を楽しめる「白菜のワンタンスープ」


鮭ときのこの豆乳スープ


仕上げにバターをのせてマイルドな風味をプラス。鮭の水煮缶を使用しているため、手軽に作れるスープです。

「鮭ときのこの豆乳スープ」


手羽先と塩もみ白菜のはるさめスープ


塩もみして白菜の余計な水分を取り除きます。手羽先のうまみがスープに移り、コク深い味わいに仕上がるはず。

「手羽先と塩もみ白菜のはるさめスープ」


白菜豆乳スープ


調理時間5分で作れるスピードメニュー。みそと豆乳の組み合わせが白菜の甘みと相性抜群です。

「白菜豆乳スープ」


白菜は1年中流通していますが、寒くなると甘みがアップする食材です。スープにアレンジした場合、ビタミンCをたっぷり摂取できるのでしっかり飲み干しましょう。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //