そろそろ「ピリ辛の口」になってない?キムチで作る「熱々チゲ」5選 画像(1/5) 「豆腐チゲ」

年末年始のごちそうやおせちなどが続いた後では、ちょっとピリ辛のものが食べたくなっていませんか? 今回は、キムチを使ったチゲを5つご紹介。寒い時に芯から温まるものばかりなので、冬の間重宝するレシピですよ。


豆腐チゲ

【材料・2人分】

絹ごし豆腐 1丁、あさり(砂抜き)200g、かぼちゃ 1/6個(約200g)、万能ねぎ 3本、白菜キムチ 200g、おろししょうが 1かけ分、ごま油、酒、みそ

【作り方】

1. かぼちゃは一口大に、万能ねぎは3cm長さに切る。キムチはざく切りにする。

2. 鍋にごま油大さじ1を熱し、あさりを炒める。全体に油がまわったら、キムチを加えて炒め合わせる。全体がなじんだら、かぼちゃ、おろししょうが、酒大さじ2、水3カップを加える。煮立ったらアクを除いて、5~6分煮る。

3. みそ大さじ1を加えて溶き入れ、豆腐をスプーンで大きめの一口大にすくって落とし入れ、3~4分煮る。

4. 器に盛り、万能ねぎをのせる。

(1人分302Kcal、塩分3.6g)

キムチとあさりのうまみが見事にマッチしたチゲ鍋。一口大の豆腐やかぼちゃを一緒に鍋へ加えると、より食べごたえのあるメニューに仕上がります。最後に長ねぎをのせて、見映えをアップさせましょう。

キムチともやしのチゲ

みそを加えてまろやかに仕立てた1品です。白菜キムチは食べやすい大きさにカットしてくださいね。

そろそろ「ピリ辛の口」になってない?キムチで作る「熱々チゲ」5選 画像(3/5) ピリ辛&シャキシャキな「キムチともやしのチゲ」

豚キムチチゲ

キムチと豚肉は一緒に炒めることで、互いにうまみを吸収します。お好みでご飯を入れてもOK。

そろそろ「ピリ辛の口」になってない?キムチで作る「熱々チゲ」5選 画像(6/5) 「豚キムチチゲ」

鮭のスンドゥブチゲ

とうがらし・キムチの辛みが際立つメニューです。辛いのが苦手な人は赤とうがらしの代わりに卵を落とし、半熟にしてからめしあがれ。

そろそろ「ピリ辛の口」になってない?キムチで作る「熱々チゲ」5選 画像(10/5) 「鮭のスンドゥブチゲ」

海鮮トマトチゲ鍋

トマトを焼きつけると甘みが増しておいしくなります。キムチの辛みとトマトの甘みが相性抜群。

そろそろ「ピリ辛の口」になってない?キムチで作る「熱々チゲ」5選 画像(15/5) 「海鮮トマトチゲ鍋」

寒い季節を乗り切るのにうってつけなメニューが盛りだくさんです。好きな旬野菜やきのこなどを加えて、オリジナルのチゲ鍋を作ってみてもよさそう。