好みの食べ方でどうぞ! 年越しにもおすすめな「そば」5選

#食 
「きのこ南蛮そば」


バリエーションが多いようで意外と少ない「そば」。そこで今回は温かいそばだけでなく、“炒め”や“つけ”など一風変わった「そば」メニュー5選をピックアップしました。具材や調理方法を変えるだけで、手軽にアレンジできますよ。今年の年越しは、いつもと違った味わいのそばにチャレンジしてみませんか?

きのこ南蛮そば


【材料・2人分】

とりもも肉 大1/2枚(約150g)、好みのきのこ(しいたけなど)約200g、長ねぎ 1本、三つ葉 適宜、そば乾麺 150g、めんつゆ(ストレート)1と1/2カップ、ごま油、七味とうがらし

【作り方】

1. とり肉は1cm幅のそぎ切りにする。きのこは、しめじやまいたけ、えのきたけは食べやすい大きさにほぐし、しいたけは十字に四つに切る。ねぎは3~4cm長さに切り、三つ葉は2~3cm長さに切る。

2. そばはたっぷりの熱湯で袋の表示時間よりも短く、かためにゆでてざるにあけ、水でよく洗って水をきる。

3. 鍋にごま油小さじ2を熱し、1のとり肉の皮を下にして並べ、ねぎも並べて焼く。焼き色がついたら上下を返して焼き色がつくまで焼く。とり肉とねぎは、こんがり焼き色がつくまで焼いてから煮る。こうすると、こうばしさが加わり、うまみが増す。

4. 3にめんつゆと水1と1/2カップを加えてひと煮立ちさせ、1のきのこを加える。3~4分煮たら2を入れ、ひと煮立ちしたら器に盛り、1の三つ葉を添えて七味適宜をふる。

(1人分519Kcal、塩分3.2g)

きのこをたっぷり使った「きのこ南蛮そば」です。とり肉と長ねぎは、こんがりと焼き色がつくまで火を通すのがポイント。しっかり焼くことでこうばしさが加わり、うまみが増します。できあがったそばに三つ葉を添えると、見映えのよい仕上がりに。

ささ身としめじの炒めそば


しょうがのさわやかな香りがアクセント。ゆでそばはほぐしながら加え、めんつゆを全体にからめて炒め合わせましょう。

青のりで彩りをプラス!「ささ身としめじの炒めそば」


とりねぎそば


とりガラや長ねぎの青い部分、にんじん、玉ねぎ、水を40~50分煮るだけなので、自宅でも簡単に本格とりガラスープが作れます。やさしい味わいのスープは、食欲がないときにも◎

「とりねぎそば」


ハイカラそば


天かすがのったそばを関西では“ハイカラ”そばと呼ぶそう。天かすとさくらえびは、軽くからいりしてからトッピングするのがおすすめです。

「ハイカラそば」


鴨南蛮風つけそば


とり肉のうまみと長ねぎの甘みがマッチします。できあがったそばに、好みで練りわさびを添えてもOK。

「鴨南蛮風つけそば」


いつものそばに工夫を加えるだけで、違った味を楽しめます。年越しそば以外に、普段の食事としても作ってみてくださいね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //