ヘトヘトな時はどんぶりでOK! ボリューム満点「牛丼」5選

#食 
「ねぎだく牛丼」


家事や仕事でヘトヘトな際は、ごはんを用意するのが面倒ですよね…。少しでも品数を減らせるよう、今回はボリュームたっぷりな牛丼のレシピをチェックしていきましょう。ジューシーな牛肉を食べれば、力が沸いてきますよ。

ねぎだく牛丼


【材料・2人分】

牛切り落とし肉 200g、長ねぎ(青い部分)を含む 1本、温かいご飯 適量、しょうゆ 大さじ1と1/3、砂糖、みりん 各大さじ2/3、水 1/4カップ

【作り方】

1. 長ねぎは白い部分を1cm幅の斜め切りにし、青い部分は薄い小口切りにする。牛切り落とし肉は大きければ食べやすく切る。

2. 鍋に牛肉、ねぎの白い部分、しょうゆ大さじ1と1/3、砂糖、みりん各大さじ2/3、水1/4カップを入れ、強めの中火にかける。煮立ったら落としぶたとふたをし、弱めの中火で約10分煮る。

3. 器に温かいご飯を盛り、2をかけ、ねぎの青い部分をのせる。

(1人分614Kcal、塩分1.8g)

長ねぎと牛肉をたっぷり加えたスタミナメニュー。煮汁が沸騰したら落としぶたをして、弱めの中火で約10分ほど煮てください。小口切りにした長ねぎの青い部分をトッピングすると、見映えがアップします。

洋風牛丼


牛乳のクリーミーな風味を堪能できる変わり種牛丼。調理時間10分で完成するところも魅力的です。

コク深い味わいがGOOD!「洋風牛丼」


ごまだれ牛丼


味の決め手はポン酢じょうゆや練りがらしを混ぜ合わせた“ごまだれ”。ごまのこうばしい香りが際立ちます。

「ごまだれ牛丼」


ガーリック牛丼


グリーンカールやミニトマトを盛りつけて、華やかな見た目に仕上げました。にんにくの香りで食欲がアップするかも。

「ガーリック牛丼」


カレー牛丼


味のベースとなる“めんつゆカレーだれ”は、冷蔵庫で約3~4日間保存可能です。ごぼうの素朴な味わいが◎

「カレー牛丼」


今回ご紹介した牛丼をマスターしておけば、ローテーションして食卓に並べられます。子どもが喜ぶレシピばかりなので、ぜひトライしてみてはいかが?

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
ねぎだく牛丼
洋風牛丼
ごまだれ牛丼
ガーリック牛丼
カレー牛丼

こちらもどうぞ! 「牛丼のレシピ」


おすすめ読みもの(PR)