お弁当のメインおかずにも◎ とりひき肉で作る「つくね」5選

#食 
「みそ風味つくね」


とりひき肉をこねて作る“つくね”は、混ぜる具材によって様々な味や食感が楽しめます。今回はみそやしそなどの風味が味わえる、和風つくねレシピを5品ピックアップしました。意外と時間がかかりそうなつくね料理ですが、紹介しているのはすべて15分で作れるレシピばかり。くせがなく食べやすいとり肉を、つくねにして楽しんでみてはいかが?

みそ風味つくね


【材料・2人分】

とりひき肉 200g、卵 小1個、長ねぎのみじん切り 1/2本分、赤パプリカ、黄パプリカ 各1/2個、みそ、酒、パン粉、砂糖、サラダ油、塩

【作り方】

1. ボウルにひき肉を入れ、みそ大さじ1を酒大さじ1/2で溶いて加え、ねぎ、卵、生パン粉約15g、砂糖大さじ1/2 、水大さじ1も加えてよく混ぜる。パプリカは縦1cm幅に切る。

2. フライパンに油大さじ1/2を熱してパプリカをしんなりするまで炒め、塩少々をふって器に盛る。

3. フライパンに油大さじ1/2を足し、1の肉だねを1/8量ずつスプーンですくい、フライパンに落とす。少しずらしてふたをし、弱めの中火にかけ、3~4分焼く。焼き色がついたら裏返し、さらに3~4分中に火が通るまで同様に焼き、2の器に盛り合わせる。肉だねをスプーンで落としたら、焼き色がつくまで焼いて裏返し、スプーンの背で軽く押さえる。

(1人分328Kcal、塩分1.7g、調理時間15分)

フライパンで手軽に作れるつくねです。肉だねは焼き色がついたところで裏返し、スプーンで軽く押さえてあげるのがポイント。卵を入れるとふんわりやわらかな仕上がりになりますよ。

れんこんつくね


とり肉にれんこんを加えた肉だねを使用。みじん切り&おろしれんこんを使い、口当たりのいい食べ心地を実現しています。

シャリふわな食べごたえが◎「れんこんつくね」


しそ風味つくね


とり肉にしその風味がよく効いたレシピ。マヨネーズを混ぜることで、冷めても硬くなりません。

「しそ風味つくね」


とりつくねの梅だれ焼き


梅だれと青じその組み合わせが絶妙な味わいです。ひき肉に塩を練り混ぜてから残りの材料を入れると、ふっくらとした焼きあがりに。

「とりつくねの梅だれ焼き」


れんこんの焼きつくね


れんこんのしゃきしゃき感がクセになります。すだちを絞ってかければおいしさがグッとUP!

「れんこんの焼きつくね」


リーズナブルなとり肉おかずは、毎日かかる食費の節約にもぴったりです。ぜひ日々の食事やお弁当作りに取り入れてみてくださいね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)