オシャレおつまみはいかが? 宅飲みにもってこいの「オーブン焼き」5選

#食 
「スペイン風オーブン焼き」


まだまだ自粛ムードが続く今日この頃。お酒を飲みに行くことができず、つらい思いをしている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、自宅で洋食居酒屋の雰囲気を楽しめるオーブン焼き5選をご紹介。意外とお手軽なオーブンを使った加熱調理で、お酒にぴったりのおつまみを作ってみてはいかが?

スペイン風オーブン焼き


【材料・2人分】

グリーンアスパラガス 6本、ウインナソーセージ 8本、卵 2個、トマト 大1個(約200g)、塩、オリーブ油、こしょう

【作り方】

1. アスパラガスの根元はかたいので、1cmくらい切り落とす。また切り口から約5cmのところが筋っぽいので、皮むき器でむく。茎についている“はかま”を取ると、口当たりがよくなる。フライパンで長いまま塩を加えた熱湯でゆでる。緑色が鮮やかになるまでゆで、氷水にとって、水をきり、長さを3等分に切る。ソーセージは十字に切り目を数カ所入れる。トマトはざく切りにする。オーブンは200℃に予熱する。

2. 鍋にオリーブ油大さじ1を熱し、ソーセージとトマトを入れ、トマトをくずしながら炒める。水分がなくなって、半分くらいに煮詰まったら、アスパラガスを加えてさっと混ぜ、塩、こしょう各少々をふる。

3. グラタン皿に2を入れ、中心に卵を割り入れ、オーブンで約10分焼く。

(1人分420Kcal、塩分1.8g)

食材を下ごしらえしているあいだにオーブンを200℃に余熱しておくと、調理をスムーズに進められます。アスパラガスの根元はかたいので、思いきって1cmほど切り落としましょう。とろっと半熟に仕上げた卵を具材にからめると、よりおいしくいただけるはず。

トマトととり肉のオーブン焼き


耐熱容器に彩りよく具材を盛りつけたら、オリーブ油を回しかけてオーブンへ。おかずとしてはもちろん、ワインのおつまみとしても活躍する一品です。

【画像を見る】トマトの赤色が食欲をそそる「トマトととり肉のオーブン焼き」


イタリアントマトのオーブン焼き


トマトは縦半分にカットして、耐熱皿に切り口を上にして並べていきます。こんがりと焼いたトマトの甘みを心ゆくまで味わって。

「イタリアントマトのオーブン焼き」


魚介と白野菜のオーブン焼き


鮭にタイムをのせて焼けば、魚介特有の生臭さも消えて香りよく仕上がります。お好みで粗びき黒こしょうやタルタルソースを添えて召し上がれ。

「魚介と白野菜のオーブン焼き」


ブロッコリーのオーブン焼き


ブロッコリーは小房に分けて、かためにゆでましょう。アンチョビ缶を使用することで、手間をかけずにしっかりと味つけできます。

「ブロッコリーのオーブン焼き」


オーブンを使った料理は面倒なイメージがあるかもしれませんが、加熱しているあいだは手がかからないのでラクチン。空いた時間で副菜やデザートなどを作っておけば、効率よく食卓を豪華にできますよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)