今こそ野菜を食べよう! バリエ豊かな春野菜のパスタ5選

#食 
「春野菜煮込みパスタ」


外出自粛の日々が続き、運動不足に悩まされている人も多いはず。せめて食事の栄養バランスには気をつけて、体調をしっかり整えていきたいところですよね。そこで今回は栄養たっぷりな春野菜を使ったパスタを5つご紹介。バリエーション豊かなレシピを活用して、ご馳走のような一品を作ってみてはいかがでしょう?

春野菜煮込みパスタ


【材料・2人分】

アンチョビー 3枚、かぶ 2個、玉ねぎ 1/4個、にんにくのみじん切り 1/2片分、グリーンピース 正味100g、スパゲッティ 160g、オリーブ油、塩、粗びき黒こしょう

【作り方】

1. かぶは6等分のくし形切り、玉ねぎは縦薄切りにする。アンチョビーは細かく刻む。

2. フライパンにオリーブ油大さじ2を熱し、弱火にしてにんにくを炒め、香りが立ったら中火にし、玉ねぎ、グリーンピース、かぶの順に加えて炒める。

3. スパゲッティを半分に折って加え、2の半量をかぶせるようにのせ、アンチョビーものせる。水380ml、塩小さじ1/3を加え、ふたをする。弱めの中火にし、スパゲッティの袋の表示のゆで時間より2~3分長く煮る。途中、1~2回全体を混ぜる。ふたを取って強火にし、約1分、水分をとばすように炒め、塩、こしょう各適量をふる。

◆お料理メモ

このレシピでは基本、直径26cmのフッ素樹脂加工のフライパンを使用しています。

(495Kcal、塩分2.1g)

もっちりとした麺が食べごたえ抜群のパスタ料理です。スパゲッティはフライパンで野菜を調理している最中に折って加えるだけでOK。上に野菜をかぶせて煮ると、全体に味がしっかりしみ込みます。

焼き春キャベツのクリームペンネ


キャベツは炒めず、時々返しながら焼いていきます。こんがりと焼き色がついたら、生クリームを加えて弱火で煮詰めましょう。

【画像を見る】こんがり焼いて風味よく仕上げた「焼き春キャベツのクリームペンネ」


ミートソースと豆のパスタ


野菜たっぷりの手作りミートソースが味の決め手。冷蔵で1週間、冷凍で1カ月ほど日持ちするので、多めに調理して作り置きしても◎

「ミートソースと豆のパスタ」


春野菜と桜えびのパスタ


桜えびは耐熱皿に広げ、ラップをかけずに電子レンジで加熱すると風味がよくなります。最後は鍋でゆでたスパゲッティとからめればできあがり。

「春野菜と桜えびのパスタ」


春野菜カルボナーラ


濃厚なソースをまとった春野菜は、まさにやみつきになる味わい。ワインはフライパンを一旦火からはずして加え、余熱でアルコール分をとばすのがポイントです。

「春野菜カルボナーラ」


パスタは様々なシチュエーションで活躍してくれる万能食材。鍋でゆでるのが面倒な場合は、電子レンジでパスタがゆでられる容器を買っておくと便利ですよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)