すぐ出来るうえに見映えよし!超簡単な「レンジミニピザ」はハロウィンパーティーにもおすすめ 画像(1/2) ラップをかけずにチン!が、サクサク食感のポイント

いよいよ目前に迫ったハロウィン。友人を家に招いての楽しいハロウィンナイトは、簡単・おいしい・見映えよしの「レンジミニピザ」で、スタート! ピザといっても、使うのは餃子の皮。事前に具材をのせるところまで準備しておき、みんなが到着する頃にレンジでチンすれば、ゲストを待たせることなくパーティーが始められますよ。


【レンジミニピザ】(1人分188Kcal、塩分1.2g)


<材料>(2人分)

ツナ缶1/2缶(約40g)、ピザ用チーズ大さじ3、ピーマン1/2個、ホールコーン缶大さじ4、餃子の皮6枚、ピザソース(市販品の焼き肉のたれ、トマトケチャップ各大さじ1)、

粗びき黒こしょう


<作り方>

(1)ピーマンは1cm四方に切る。耐熱皿にオーブン用ペーパーを敷き、餃子の皮を並べる。ラップをかけずに、500Wの電子レンジで約2分加熱する。

(2)電子レンジから1を取り出して、ピザソースをぬる。ピザ用チーズ、缶汁をきったツナ、コーン、ピーマンの順にのせ、再びラップをかけずに電子レンジで約1分30秒加熱する。取り出して、こしょう少々をふる。


すぐ出来るうえに見映えよし!超簡単な「レンジミニピザ」はハロウィンパーティーにもおすすめ 画像(3/2) 【写真を見る】かぼちゃの前は、ランプにはかぶが使われていたそう。画像を検索すると、ちょっと夢に出てきそうなかぶのランタンが出てくるのでご注意を!

ハロウィンといえばかぼちゃですが、なぜハロウィンにかぼちゃの提灯「ジャック・オー・ランタン」を作るのか、ご存じですか? そこには、ちょっぴり怖くて悲しいいわれがあるのです…。調べてハロウィンパーティーでみんなに披露すれば、さらにパーティーが盛り上がるかも!? 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】