(ほたてがい)

帆立貝の基本情報

帆立貝
撮影:貝塚 隆

帆立貝の特徴

甘く感じられるほどにうまみの強い帆立貝。食用にするのは、主に貝柱の部分です。
本来は、東北から北海道にかけての冷たい海の底に生息していますが、養殖も盛んで、漁獲量は天然ものをはるかに上回ります。養殖品、冷凍品が、一年を通して出回っていますが、冬が旬です。
網焼き、バター焼きにするほか、新鮮なものは刺し身でも食べられます。殻つきの場合、ひもはぶつ切りにして、肝と一緒に、煮たり炒めるとおいしく食べられます。

帆立貝の選び方ガイド

生の貝柱を買うときは、こんもりと盛り上がって身が引き締まっているもので、表面につやと透明感のあるものを選んで。
殻つきは、殻が大きすぎるものはかえって身が小さいことがあるので、中くらいのものを。少し口をあけているものが新鮮。

食材事典へ戻る