新じゃが塩バター煮 豚バラ添え

440kcal
1.9g
新じゃが塩バター煮  豚バラ添え
新じゃが塩バター煮  豚バラ添え

塩バターのコクとじゃがいもの甘み、肉のうまみの三重奏!

材料(作りやすい分量・4人分)

新じゃがいも…小10個(約500g)
豚バラ薄切り肉…300g
万能ねぎ…3本
塩、粗びき黒こしょう、バター、みりん

作り方

  1. 新じゃがいもは皮つきのままよく洗い、鍋に入れる。かぶるくらいの水を注ぎ、塩少々を加えて中火にかける。約15分ゆで、竹串を刺してみてすっと通ったら、ざるにあけて湯をきる。
    皮と身の間のおいしさを逃さぬよう皮ごと塩ゆでにする
  2. 万能ねぎは小口切りにする。豚肉は一口大に切る。
  3. フライパンを中火で温め、豚肉を炒める。色が変わったら塩、こしょう各少々で調味し、取り出す。
    豚肉は焼いて、バラのうまみのある脂を引き出す
  4. 続けてフライパンにバター20gを入れ、1を加えて中火にかける。バターが溶けたらじゃがいもにからめ、みりん大さじ2、塩小さじ1を加えて煮からめる。
    豚肉から出た脂も新じゃがにからめ、風味たっぷりに
  5. 3と4を器に盛り合わせ、万能ねぎを散らす。

※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

笠原将弘
笠原将弘
日本料理店「賛否両論」店主。「正月屋吉兆」で修行をした後、実家の焼き鳥店を継ぐが30周年を機に一度閉店。2004年に「賛否両論」をオープン。日本料理ならではの味わいと、季節に寄り添う食材使いにファンが多い。

お料理メモ

<ひと言アドバイス>
新じゃがにバターと塩などを煮からめるときに、にんにくをきかせても。目玉焼きを添えるのもまたおすすめ。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 日置武晴

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //