15分で作れるからうれしい! 今が旬のかじきを使ったメイン5選

#食 
「かじきのソテーバターコーンがけ」

「かじき」にはさまざまな種類がありますが、夏に旬を迎えるものが多いと言われています。切り身で販売されていることが多く、下ごしらえの手間がかからないのもうれしいですよね。そこで今回は、たった15分で作れるかじきの時短メニューをご紹介。うまみがしっかりつまったメインディッシュを堪能してみてはいかがでしょう?

かじきのソテーバターコーンがけ

【材料・2人分】
かじき 2切れ、レタス 適量、にんにくの薄切り 4~5枚、ミニトマト 6個、バターコーン(とうもろこし 1/2本、レモン汁 大さじ1/2、パセリのみじん切り 少々、バター 10g、塩 小さじ1/4弱、粗びき黒こしょう 少々、水 大さじ2)、塩、こしょう、小麦粉、オリーブ油
【作り方】
1. バターコーンのとうもろこしは、生のまま実をはずす。レタスは一口大にちぎる。かじきは塩、こしょう各少々をふって、小麦粉小さじ1をまぶす。縦に置き、包丁で3~4列ずつ削り落とすようにして実をはずす。根元ギリギリに包丁を入れ、なるべく胚芽部分を残すようにする。
2. フライパンにオリーブ油小さじ1、にんにくを入れて火にかけ、きつね色になるまで焼いて取り出す。かじきを入れて焼き色がつくまで約2分焼いたら上下を返し、さらに約2分焼いて器に盛る。
3. バターコーンを作る。同じフライパンにバターを溶かし、とうもろこしを入れてさっと炒め、水を加えてしんなりするまで炒める。パセリを加え、塩、粗びき黒こしょうで調味し、火を止めてレモン汁を加えて混ぜる。2のかじきにかけ、取りおいたにんにくをのせ、レタスとミニトマトを添える。
(250Kcal、塩分1.5g)
バターコーンをソース代わりにしたかじきのソテー。レモン風味がきいていて、さわやかな味わいが夏の暑い日にうってつけです。レモン汁は風味を損なわないように、とうもろこしを炒めたあとに火を止めてから加えましょう。

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
かじきのソテーバターコーンがけ
かじきのペッパーフライ
かじきのムニエル
かじきの甘酢あん
かじきのカレーマヨソース

ほかにもいっぱい!「かじき」のレシピ

■おうちキャンプ特集はこちらをチェック!

おうちキャンプで家にいながらアウトドア気分を味わおう!



■夏バテ解消レシピ特集はこちらをチェック!

おいしく食べて、真夏の暑さを乗り切ろう!




おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //