15分以内でサクっと作れる! 肉がメインのラクチン弁当5選

#食 
「和風とりハンバーグ弁当」

毎朝お弁当を作るのはなかなか大変な作業ですよね。おかずのマンネリ化を避け、彩りにも配慮したい…と考えていると、思わぬ手間を取られてしまうことも。そんなときは、15分以内でサクっと作れるラクチン弁当にチャレンジしてみてはいかがでしょう。メインおかずとサブおかずを並行して調理すれば、朝の貴重な時間を有効活用できますよ。

和風とりハンバーグ弁当

【材料・1人分】
ハンバーグだね(とりひき肉 75g、絹ごし豆腐 30g、しょうゆ、酒、片栗粉 各小さじ1、塩、こしょう 各少々)、ちくわ 小1本、赤パプリカ、黄パプリカ 各1/8個、さやいんげん 4本、青じそ 3枚、温かいご飯 茶碗1杯分、ごま油、粒マスタード、オリーブ油、塩、こしょう、マヨネーズ、しょうゆ
【下ごしらえ】
1. ボウルにハンバーグだねの材料を入れて練り混ぜる。
2. ちくわは四つ割りにし、斜めに5mm幅に切る。
3. パプリカは2cm四方に切り、ラップでふんわり包む。
4. いんげんは長さを4等分に切り、ラップでふんわり包む。
【作り方】
1. 材料を耐熱皿に並べる。ハンバーグだねを3等分し、1cm厚さの小判形にまとめる。しその両面にごま油を薄くぬり、しそ1枚でハンバーグだね1つを包んで形を整え、耐熱皿に並べる。パプリカ、いんげんも同じ耐熱皿にのせ、ハンバーグだねにはラップをかけずに電子レンジで約2分加熱する。
2. 野菜を取り出し、ハンバーグはさらに加熱。パプリカといんげんを取り出し、いんげんは水にとる。ハンバーグだねはさらに約1分30秒、肉の色が変わるまで加熱する。パプリカはラップを広げ、粒マスタード、オリーブ油各小さじ1/2、塩、こしょう各少々を加えてあえる。
3. いんげんとちくわをあえる。いんげんはペーパータオルで水けを拭き取り、ちくわとともにボウルに入れる。マヨネーズ小さじ1~1と1/2、しょうゆ少々を加えてあえる。ご飯とともにすべて弁当箱に詰める。好みでサラダ菜を添え、ご飯にしば漬けをのせ、白いりごまをふる。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
(498Kcal、塩分2.6g、調理時間11分)
青じそのさわやかな香りが漂うハンバーグがたまりません。酸みとほのかな辛みのきいたパプリカと定番のマヨネーズあえを添えて、見た目の華やかさや栄養バランスを整えましょう。お好みでご飯にしば漬けを散らせば、さらにカラフルになるのでおすすめ。

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
和風とりハンバーグ弁当
蒸しどりの梅肉あえ弁当
豚のチーズ肉巻き弁当
カラフル肉炒め弁当
豚のポン酢炒め弁当

ほかにもいっぱい!「時短弁当」のレシピ

■おうちで楽しむハロウィン特集はこちらをチェック!

見て楽しい&食べておいしいハロウィンレシピはこちら!




おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //