さわらなくていいんです! 成形いらずで超時短のひき肉メニュー3選【最強の殿堂入り時短レシピ(2)】

#食 
赤ワイン入りソースで味は本格派「ピーマンの肉詰め」

ハンバーグや肉詰めなどのひき肉レシピは、子どもも喜ぶから定期的に作ってあげたい。でも、ちまちま成形するのは手間がかかるもの...。とてもじゃないけれど、時短でスピーディーにとはいきませんよね。
そんなとき試していただきたいのが、この「さわらずに作る」調理法なんです!

「最強の殿堂入り時短レシピ」連載第2回目は、面倒な成形いらずでできちゃうひき肉レシピ。目からウロコの時短ワザの登場ですよ。

*  *  *

パッカンステーキ

〜15分でできあがり〜
パックの中で下味をつけて軽く押さえ、そのままフライパンへイン。簡単でゴージャスなメニューがあっという間に!

パックからそのままフライパンへ!「パッカンステーキ」

[ 材料・2人分 ]*1人分405kcal/塩分2.2g
合いびき肉 ...1パック (約250g)
トマト ...小1個 (100~120g)
・クレソン ...適量
・香味ソース
 ∟おろしにんにく ...1/2片分
 ∟バター ...15g
 ∟しょうゆ、みりん ...各小さじ2
・塩
・粗びき黒こしょう
・サラダ油

[ 作り方 ]
1. トマトは横半分に切る。ひき肉はパックに入れたまま塩小さじ1/3、こしょう少々をふり、ラップをかぶせ、肉の間の空気を抜くようにして押さえる。
2. フライパンに油小さじ1を中火で熱し、トマトを切り口を下にして入れ、焼き色がつくまで焼く。上下を返してさっと焼き、器に盛る。ひき肉をパカッと入れ、約2分焼く。上下を返し、ふたをして約6分蒸し焼きにし、器に盛る。

パックの中で下味をつけた肉をパカっと入れるだけ...この発想はなかった!
3. フライパンを拭き、香味ソースの材料を入れ、バターを溶かしながら煮立てる。2の肉にかけ、クレソンを添える。

次ページ:仕事で遅くなった日も、肉詰めやシューマイができちゃう(2/2)

この記事に共感したら

Information

*この特集は『レタスクラブ』2017年8月号~2020年5月号に掲載されたものを再編集したものです。なお、カロリー・塩分は掲載当時の数値です。

詳しいレシピはこちら!
パッカンステーキ
ピーマンの肉詰め
オニオンチキンシューマイ



雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’20 12月増刊号』情報はこちらから▼

すべて20分以内で完成!読者が選んだ殿堂入り時短レシピ/やみつきキャベツ&白菜サラダ/大掃除したくない場所ランキング20をゆる掃除で解決だ!/【特別付録】SNOOPYでかエコバッグ/【とじこみ付録】おうち居酒屋おつまみBOOK


おすすめ読みもの(PR)