肉をマリネに!? 漬けておくだけで風味が増して常備菜にも♪ 肉のマリネ5選

#食 
「とりささ身の塩だれマリネ」


マリネというと焼き野菜やタコ、サーモンなどが有名ですが、実は肉のマリネもおいしいってご存知ですか?酢とオイルそして香味野菜を合わせた液体に漬け込むだけで、いつもとはひと味違う肉料理が味わえるんです。今回は常備菜に便利な肉のマリネ5選をご紹介します。

とりささ身の塩だれマリネ


【材料・3~4人分・約740g分】

とりささ身 8本、赤パプリカ 1個、ゆでたけのこ 大1個(約200g)、マリネ液(長ねぎのみじん切り 1本分、赤とうがらしの小口切り 1/2本分、ごま油 大さじ2、酒、水 各大さじ1、塩 小さじ1)、片栗粉、サラダ油

【作り方】

1. 小鍋にマリネ液の酒、水を入れて火にかけ、ひと煮立ちさせてアルコール分をとばす。マリネ液の残りの材料を加えて混ぜ合わせてバットに入れる。

2. パプリカは縦半分に切って縦1cm幅に切る。たけのこは縦半分に切って、縦5等分のくし形切りにする。ささ身は一口大に切り、たけのことともに片栗粉を薄くまぶす。

3. フライパンに油を約2cm深さまで入れて高温(約180℃)に熱し、パプリカを入れて少ししんなりするまで揚げる。取り出して油をきり、1に加える。

4. 続けてフライパンにささ身とたけのこを入れ、きつね色になるまで1分30秒~2分揚げ、取り出して油をきる。熱いうちに3に加えてざっと混ぜ合わせ、10分以上おく。

(277Kcal、塩分1.0g)

※保存容器に入れて冷蔵庫で約3日間保存可能。

肉と野菜を揚げてから漬け込めば、マリネ液のうまみをたっぷりと吸いあげてくれます。そのまま食べてもおいしいですが、マリネにとろみをつけてソースにするという方法も。かた焼きそばなどの具材としても使ってみてくださいね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //