家計のお助け食材「とりむね」と「小松菜」だけでおいしい3品できあがり!【材料2つで充分おいしい(3)】

#食 
甘いみそだれをしっかりからめて「ホイコーロー風」

安価で献立に取り入れやすい、とりむね肉小松菜。でもよく使う食材だからこそ、アレンジもマンネリになりがちです。自分で作りながら「またコレか...」なんて思ってしまうこともしばしば。
そんなときのために、ちょっぴり目先を変えたおいしいアレンジをご紹介します!

「材料2つで充分おいしい」連載第3回目は、とりむね肉と小松菜だけで作れるラクうまレシピです。

*電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

*  *  *

ガーリックバターソテー

にんにくバターじょうゆが食欲そそる!しっとり蒸し焼きチキンと小松菜にかけて

バターじょうゆでご飯が進む!「ガーリックバターソテー」

[ 材料・2人分 ]*1人分309kcal/塩分2.3g
・とりむね肉 ...大1枚 (約300g)
・小松菜 ...1わ

・おろしにんにく ...小さじ1/2
・塩
・しょうゆ
・バター

[ 作り方 ]
1. 小松菜は長さを半分に切る。とり肉は縦長に半分に切り、塩小さじ1/2をすり込む。
2. フライパンにとり肉を皮目を下にして入れ、中火にかける。約4分焼いたらあいているところに小松菜の茎、葉の順に重ね入れる。しょうゆ小さじ1、にんにくを加えてふたをし、弱めの中火で約6分蒸し焼きにする。
3. とり肉の上下を返し、小松菜を約1分炒めたら、ともに取り出して器に盛る。フライパンに残った肉汁にバター20gを加えて溶かし、とり肉と小松菜に回しかける。

おいしいポイント

小松菜は火の通りにくい茎を下にして重ね、とり肉と一緒に蒸し焼きに。小松菜から出る水分も加わり、ジューシーに仕上がる。

次ページ:マリネもホイコーロー風も2食材で完成!(2/2)

この記事に共感したら

Information

*電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!





雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 4月号』情報はこちらから▼

材料2つだけで充分おいしい!/ボリュームたっぷり 春の混ぜご飯/お手軽食材が大変身/ウイルス・花粉・ほこり対策はまず!床掃除から!/今お金のプロは、電気代&ガス代を見直している/落ち込んだらポジティブヨガ!/【とじこみ付録】まるごと買ってもムダにしない!キャベツ食べ切りBook


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //