とりと小松菜のホイコーロー風

372kcal
1.8g
とりと小松菜のホイコーロー風
とりと小松菜のホイコーロー風

人気メニューをとり肉×小松菜で。身近な調味料だけで、ご飯が進むおいしさに

材料(2人分)

  • とりむね肉…大1枚(約300g)
  • 小松菜…1わ
  • みそだれ
  •  ・みそ…大さじ1 1/2
  •  ・酒…大さじ1
  •  ・砂糖…小さじ1
  • 片栗粉、サラダ油
とりむね肉…大1枚(約300g)
小松菜…1わ
みそだれ
 ・みそ…大さじ1 1/2
 ・酒…大さじ1
 ・砂糖…小さじ1
片栗粉、サラダ油

作り方

  1. 小松菜は4cm長さに切る。とり肉は1cm幅の一口大のそぎ切りにし、片栗粉を薄くまぶす。
  2. フライパンに油大さじ1を中火で熱し、とり肉を並べ入れる。約1分焼いたら上下を返して端に寄せ、あいたところに小松菜の茎を加える。約1分炒めたら葉を加えてさっと炒め合わせる。みそだれの材料をよく混ぜて回し入れ、全体を炒め合わせる。
    小松菜は茎を先に炒めてから、やわらかい葉を加えると、シャキシャキの食感に仕上がる。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 中華
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 澤木央子

食材の扱い方・ポイント

小松菜
小松菜
関東で冬に好まれる野菜の代表格。東京都江戸川区小松川で作られていたことからこの名がありま…

基本の扱い方

根元を洗う

根元に土がたまりやすいので、根の部分を切り取り、水につけて、指で茎と茎の間に水を通すようにして土を洗い流す。

用途に応じた長さに切る

根元がバラバラになるよう、1cmほど切り落として、用途に応じた長さに切る。5cmくらいが食べやすい。切ったあと、根元の部分をもう一度洗うと、土が残る心配がない。

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ30852品をご紹介!

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //