白菜は中心から食べること! 栄養をむだにしない「内葉のサラダ」&「外葉のスープ煮」

#食 
外葉の栄養が染み出たシープごといただく「白菜と肉だんごのスープ煮」

手頃な価格なのにおいしくて、どんな食材とも相性の良い白菜。お鍋や煮ものだとたっぷり使うから、丸ごと一個ペロリと食べられちゃいますよね。
そんな白菜、一個買いしたら「外葉」からどんどん使っていくという人も多いと思います。でも栄養価を考えると、「内葉」から順番に使っていくのが正解って知ってました!?

「栄養を捨てない秋冬野菜レシピ」今回の野菜は、白菜。
ビタミン、ミネラルが豊富な白菜は、成長点であり、栄養価の高い内葉から食べるのが効率的! 内葉がなくなれば外葉の栄養を奪われないので、最後までおいしく食べられるんです。

成長点であり、栄養価の高い内側から食べると、外葉の栄養が奪われることなく最後までおいしく食べられる。

内葉と外葉、それぞれのおいしい食べ方をご紹介しましょう!

*  *  *

★白菜の内葉で

生白菜とちくわのシンプルサラダ

みずみずしい内葉の甘さを生で味わう!

甘い内葉は生で味わいたい!「生白菜とちくわのシンプルサラダ」

[ 材料・2人分 ]*1人分93kcal/塩分1.8g
・白菜 (内葉) ...150g
ちくわ ...1本
・ドレッシング
 ∟酢 ...大さじ2
 ∟ごま油 ...大さじ1
 ∟砂糖 ...小さじ1
 ∟塩 ...小さじ1/2

[ 作り方 ]
1. 白菜は食べやすくちぎる。ちくわは斜め薄切りにする。
2. ボウルに1を入れ、ドレッシングの材料を加えてもみ込み、味をなじませる。

次ページ:外葉は、肉だんごと一緒にうまみたっぷりのスープ煮に!(2/2)

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ21年10月11月合併号より>


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!






雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 10月11月合併号』情報はこちらから▼

栄養を捨てない!秋冬野菜レシピ/狭くても! 収納が少なくても!作業しやすいキッチンに!/業務スーパー120%活用法/35歳を過ぎたら「老け髪」にご用心!/【特別付録】SNOOPY家計簿2022


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //