しょうゆベースの優しい味!晩ごはんにもOKの和風スパゲッティ5選 画像(1/5) 「あぶりたけのこスパゲッティ」 レタスクラブニュースより
「あぶりたけのこスパゲッティ」 レタスクラブニュースより

調理:井澤由美子 撮影:野口健志

スパゲッティはゆでた麺と具材やソースを混ぜ合わせるだけで完成するお手軽料理です。トマトソースやペペロンチーノなどの洋風レシピも人気ですが、今回はいつ食べても安心の味「しょうゆ」をベースにした和風スパゲッティをご紹介します。

【あぶりたけのこスパゲッティ】(1人分658Kcal、塩分3.6g)

<材料・2人分>スパゲッティ 160g、豚バラ薄切り肉 130g、ゆでたけのこ 1個(約200g)、長ねぎ(葉つき) 1/4本、しょうがのせん切り 1かけ分、和風だしの素 小さじ1、塩、ごま油、しょうゆ

<作り方>

1. 豚肉は5~6cm幅に切る。たけのこは根元と穂先に分け、根元は7~8mm厚さのいちょう切りに、穂先は縦半分に切って、さらに縦1cm幅に切る。ねぎは2cm長さに切る。スパゲッティは塩適宜を加えたたっぷりの熱湯で、袋の表示より1分短くゆではじめる。

2. フライパンにごま油大さじ1を熱し、たけのこを炒める。油がまわったらしょうゆ小さじ2を鍋肌から加え、ところどころ焼き色がつくまで炒めて取り出す。

3. 続けて2のフライパンに豚肉を入れ、中火で炒める。色が変わったら、しょうが、ねぎを加えてさっと炒め、しょうゆ大さじ1で調味し、スパゲッティのゆで汁1/2カップ、だしの素を加える。

4. ゆで上がったスパゲッティの湯をきって3に加え、手早く混ぜる。器に盛り、2のたけのこをのせる。好みで粉ざんしょうをふってもOK。

しょうゆベースの和風スパゲッティは、買い出しに行けないような忙しい時でも作れるのが嬉しいところ。しょうゆのほかに、塩・こしょうやオリーブオイル、ごま油などの調味料があれば作ることができるので、わざわざ調味料やソースを買いに行く必要がありません。


【きのこの和風アーリオオーリオ】

しょうゆで和風に仕上げた一品。赤とうがらしと粉ざんしょうがアクセント。

しょうゆベースの優しい味!晩ごはんにもOKの和風スパゲッティ5選 画像(3/5) 「きのこの和風アーリオオーリオ」 レタスクラブニュースより
「きのこの和風アーリオオーリオ」 レタスクラブニュースより

調理:飯塚宏子 撮影:福岡拓


【しょうゆ味の焼き肉スパゲッティ】

にんにくとしょうゆの香りが食欲をそそります。スパゲッティと牛肉を一緒に炒めることで、お肉のうまみが麺にもたっぷり染み込みますよ。

しょうゆベースの優しい味!晩ごはんにもOKの和風スパゲッティ5選 画像(6/5) 「しょうゆ味の焼き肉スパゲッティ」 レタスクラブニュースより
「しょうゆ味の焼き肉スパゲッティ」 レタスクラブニュースより

調理:石垣孝子 撮影:福岡拓


【あさりとわかめの和風ボンゴレ】

塩・ごま油・しょうゆだけを使ったあっさりベース。あさりとわかめを使うことで海の香りが広がります。

しょうゆベースの優しい味!晩ごはんにもOKの和風スパゲッティ5選 画像(10/5) 「あさりとわかめの和風ボンゴレ」 レタスクラブニュースより
「あさりとわかめの和風ボンゴレ」 レタスクラブニュースより

調理:林幸子 撮影:今清水隆宏


【新じゃがとコンビーフのパスタ】

バター&しょうゆの鉄板コンビはパスタでも大活躍。旬の「新じゃが」を取り入れてみましょう。

しょうゆベースの優しい味!晩ごはんにもOKの和風スパゲッティ5選 画像(15/5) 「新じゃがとコンビーフのパスタ」 レタスクラブニュースより
「新じゃがとコンビーフのパスタ」 レタスクラブニュースより

調理:鈴木薫 撮影:野口健志


たけのこや新じゃがいもなど、春に旬を迎える食材を活用すれば、手軽に春を取り入れることができます。具だくさんにすれば手軽なワンプレートごはんの出来上がりです。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】