さっとひと煮立ちで味しみ! 焼きつけた豆腐が絶品の「こうばし肉豆腐」

#食 
焼いた豆腐とジューシーな豚バラで食べごたえ満点!「こうばし肉豆腐」

しっかり味がしみた肉豆腐はおいしいけれど、時間がかかるのが難点。短時間で深い味わいに仕上がるレシピがあったらぜひ知りたいですよね。

そこで、「変貌自在な豆腐おかず」今回は「こうばし肉豆腐」。時間がなくても、しっかり焼きつけた豆腐が絶品ですよ!

*この特集では、豆腐1丁=300gのものを使用しています。

*  *  *

まずは豆腐の水きり方法をおさらいしましょう!

水きりは簡単! レンチンで2分

レンチン2分で水きり終了!

ペーパータオルを二重にして豆腐を包み、ラップをかけずに電子レンジ (600W) で約2分加熱。粗熱をとってから耐熱皿内の水をきる。


こうばし肉豆腐

しっかり焼いた豆腐とジューシーな豚バラで食べごたえのある一品に
[ 材料・2〜3人分 ]*1人分328kcal/塩分0.9g
もめん豆腐 ...1丁
豚バラ薄切り肉 ...150g
しめじ ...1パック (約100g)
しいたけ ...4枚
・サラダ油
・砂糖
・しょうゆ
・酒

[ 作り方 ]
1. 豆腐は電子レンジ (600W) で水きりし、横半分に切って縦4等分に切る。しめじはほぐし、しいたけは軸を1cm残して除き、縦1.5cm幅に切る。豚肉は長さを3等分に切る。
2. フライパンに油小さじ2を中火で熱して豆腐を並べ入れ、こんがりと色づくまで2~3分焼く。上下を返し端に寄せ、あいたところにきのこを加え、一緒に2~3分焼く。
3. きのこがしんなりとしたら端に寄せ、あいたところに豚肉を加える。肉の色が変わるまで約2分炒め、砂糖大さじ1を全体にふり入れる。砂糖が溶けてきたら、しょうゆ、酒各大さじ1、水1/2カップを加えて強めの中火にし、ひと煮立ちさせる。器に盛り、好みで七味とうがらしをふる。

POINT

こんがり焼き色をつけるとコクがアップ。

豆腐はこんがりと焼き色をつけると、コクがアップ。

*電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

*  *  *

しっかり焼きつけてあるから、ひと煮立ちさせるだけで驚くほど深い味わいに! ごはんもお酒も進みそうな味わいの「こうばし肉豆腐」、今晩ぜひお試しくださいね。

調理/堤 人美 撮影/髙杉 純 スタイリング・編集協力/中田裕子 栄養計算/スタジオ食 撮影協力/UTUWA

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

*電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

<レタスクラブ22年1月号より>


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!


レタスクラブ公式YouTubeもチェック!



雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 3月号』情報はこちらから▼

料理特集は「料理の手間をとことん省く!」。めんつゆを使えば味つけに迷わない、ひき肉で包丁を使わない、レンジで火を使わない…など、とことん手間を省いたレシピをご紹介しています。また、この時期旬の新玉ねぎレシピや、食パンで○○が作れちゃう!?驚きのレシピもご紹介。その他、献立の悩みから解放される!と話題の「献立カレンダーBOOK」や、にぎりっ娘。さんの「頑張らないお弁当」特別ダイジェスト版など、読み応えたっぷり!LETTUCE MEETSには小澤征悦さんが登場!オトナのNEWS連載には加藤シゲアキさんが。コミックエッセイも多数!レタスクラブ3月号をぜひお楽しみください。

おすすめ読みもの(PR)