【時短調理】コリコリ食感がアクセントに! 5分でできるザーサイの副菜5選 画像(1/5) 「しらがねぎとザーサイの中華あえ」 レタスクラブニュースより
「しらがねぎとザーサイの中華あえ」 レタスクラブニュースより

調理:秋元薫 撮影:福岡拓

しょうゆや砂糖、香辛料などで味つけしたザーサイはコクがあり、あえものやサラダなどに混ぜて使うと存在感抜群。噛むとコリコリした食感を楽しめ、ギュッと詰まったうまみを感じられます。今回は、ザーサイを使った副菜5品をご紹介。調理時間はたったの5分なので、他の料理の合間などに手早く作りましょう。

【しらがねぎとザーサイの中華あえ】(1人分136Kcal、塩分2.4g、調理時間5分)

<材料・2人分>長ねぎ(白い部分) 1本、ハム 5枚、きゅうり 1本、ザーサイ 50g、酢、ラー油、塩

<作り方>

1. ねぎは白い部分を5~6cm長さに切り、中心まで縦に切り目を入れて開き、芯(しん)を取り除く。繊維に沿ってせん切りにしてしらがねぎにし、氷水に放して水けを絞る。きゅうりは斜め薄切りにし、さらに細切りにする。ハム、ザーサイは3~4mm幅に切る。

2. ボウルに1を入れ、酢小さじ1/2、ラー油少々を加えてあえる。味をみて、塩で味をととのえる。

しらがねぎは氷水にさらすことで、シャキッとした歯ごたえになります。また、ふんわりと丸まるのでボリューム感が出て、見た目も華やかな印象に。下味がしっかりついたザーサイと合わせて、長ねぎのおいしさを味わいましょう。


【大根とザーサイのあえもの】

細切りにした大根とピリッと辛い貝割れ菜に、ザーサイの塩けがマッチ。最後にこしょうを加えるのがおいしく作るポイントです。

【時短調理】コリコリ食感がアクセントに! 5分でできるザーサイの副菜5選 画像(3/5) 「大根とザーサイのあえもの」 レタスクラブニュースより
「大根とザーサイのあえもの」 レタスクラブニュースより

調理:伊藤晶子 撮影:宗田育子


【蒸しなすとザーサイのサラダ】

電子レンジで蒸したなすにドレッシングとザーサイのおいしさをしみ込ませます。箸休めにもぴったりの1品。

【時短調理】コリコリ食感がアクセントに! 5分でできるザーサイの副菜5選 画像(6/5) 「蒸しなすとザーサイのサラダ」 レタスクラブニュースより
「蒸しなすとザーサイのサラダ」 レタスクラブニュースより

調理:市瀬悦子 撮影:広瀬貴子


【ツナとザーサイのあえもの】

味つけはザーサイにお任せ。あと1品欲しい! という時に、家にあるものを使って手軽に作れるメニューです。

【時短調理】コリコリ食感がアクセントに! 5分でできるザーサイの副菜5選 画像(10/5) 「ツナとザーサイのあえもの」 レタスクラブニュースより
「ツナとザーサイのあえもの」 レタスクラブニュースより

調理:林幸子 撮影:今清水隆宏


【中華風にんじんサラダ】

薄切りにしたにんじんにしっかりと下味をもみこみ、ザーサイと合わせます。彩りが良いのでお弁当のおかずにもおすすめ。

【時短調理】コリコリ食感がアクセントに! 5分でできるザーサイの副菜5選 画像(15/5) 「中華風にんじんサラダ」 レタスクラブニュースより
「中華風にんじんサラダ」 レタスクラブニュースより

調理:小田真規子 撮影:三村健二


ザーサイの瓶詰めは、あえものやサラダ以外の料理でも大活躍。スープや麺、チャーハンなどアレンジ次第でいろいろな料理に使えますよ。スーパーで200円程度で買えるので家庭に常備しておくと役に立つかも。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】