皮までやわらかな春のかぶを使って♪ 切ってあえるだけの簡単箸休めバリエ

#食 
「かぶの塩昆布あえ」

かぶの旬は春と秋の2回。春のかぶは皮までやわらかく、あえものやサラダにして食べるとおいしいんです! というわけで今回は春のかぶを使った簡単副菜をご紹介。今日のメインはお店のお惣菜!という日も、切ってあえるだけのこんな一皿を添えれば、栄養バランスがアップしますよ。

かぶの塩昆布あえ

【材料・2人分】
塩昆布…8g、かぶ…2個

【作り方】
1.かぶは葉を切り分け、皮つきのまま縦半分に切り、縦薄切りにする。葉は1個分を3cm長さに切る。

2.ボウルに入れ、塩昆布を加えてしんなりするまでよくもみ込む。
(1人分26kcal、塩分0.7g 調理/吉田愛 栄養計算/スタジオ食)

カットしたかぶに、塩昆布をもみ込むだけ。シンプルなのに箸が止まらず、塩昆布の底力を再確認できる一皿です。

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!

ほかにもいろいろ!「かぶの副菜」のレシピ

▶忙しい毎日に!レタスクラブYouTube公式チャンネルでラクレシピ動画をチェック!



■作りおき特集はこちら


明日のごはん作りがちょっとラクになるお役立ちレシピ

■時短レシピ特集はこちら


“プロの時短テクニックが効いたレシピで栄養たっぷりのごはんが手間なく簡単に作れる”





おすすめ読みもの(PR)