低カロリーのとりむね肉と食物繊維が豊富なごぼうがタッグを組む! ダイエットにおすすめのとりごぼう料理5選 画像(1/5) 「とりと根菜のみそ煮」 レタスクラブニュースより

脂肪が少なく高たんぱく質のとりむね肉は、ダイエットの強い味方。そして、食物繊維が豊富なごぼうは便秘の解消に役立ち、代謝を良くしてくれると言われています。今回は、とりむね肉とごぼうを使ったダイエットにおすすめの料理5品をご紹介。バラエティ豊かなラインナップなので、続けて作っても飽きないですよ。

【とりと根菜のみそ煮】(395Kcal、塩分2.6g)

<材料・2人分>とりむね肉 大1枚(約250g)、下味(酒 大さじ1、塩 少々)、ごぼう 大1本(150g)、大根 約5cm(150g)、長ねぎの青い部分の小口切り 10cm分、だし汁 2カップ、片栗粉、サラダ油、しょうゆ、みりん、みそ

<作り方>

1. とり肉は一口大のそぎ切りにして下味をもみ込み、片栗粉小さじ2をまぶす。ごぼうは包丁の背で皮をこそげてすりこ木などでたたき、大根とともに乱切りにする。とりむね肉は下味をつけて片栗粉をまぶすことで、加熱時のパサつきを防げる。煮汁にとろみをつける効果も。

2. フライパンに油大さじ1を熱し、ごぼうと大根を炒める。全体に油がまわったらだし汁、しょうゆ、みりん各小さじ1を加え、強火にする。煮立ったら中火にし、ふたをして野菜がやわらかくなるまで約5分煮る。

3. 1のとり肉を1切れずつ加え、とり肉に火が通るまで約3分煮る。みそ大さじ1を溶き入れ、ねぎを加えて煮汁にとろみがつくまで3~4分煮る。

みそは沸騰させてしまうと香りが飛び、舌ざわりも悪くなってしまうため、コトコトと煮込むのがポイント。とろみがついた煮汁がとりむね肉とごぼうにからんで、やわらかくおいしく仕上がっています。


【とり肉とごぼうのあっさり煮】

ごぼうはピーラーでささがきにし、とりむね肉はそぎ切りにして食べやすくします。最後にわさびを添えて風味アップ。

低カロリーのとりむね肉と食物繊維が豊富なごぼうがタッグを組む! ダイエットにおすすめのとりごぼう料理5選 画像(3/5) 「とり肉とごぼうのあっさり煮」 レタスクラブニュースより

【チキンと根菜のグラタン】

万能ねぎとみそ、砂糖などで作るねぎみそペーストをのせてこうばしい味わいに。白いご飯にもよく合います。

低カロリーのとりむね肉と食物繊維が豊富なごぼうがタッグを組む! ダイエットにおすすめのとりごぼう料理5選 画像(6/5) 「チキンと根菜のグラタン」 レタスクラブニュースより

【とりのすき煮】

野菜から出たうまみがとりむね肉にからみ、とってもジューシー。卵黄をのせてコクを出します。

低カロリーのとりむね肉と食物繊維が豊富なごぼうがタッグを組む! ダイエットにおすすめのとりごぼう料理5選 画像(10/5) 「とりのすき煮」 レタスクラブニュースより

【ごぼうと蒸しどりのおしゃれサラダ】

やわらかい新ごぼうで作りたいサラダ。からしマヨネーズでしっかり和えておいしさを引き出します。

低カロリーのとりむね肉と食物繊維が豊富なごぼうがタッグを組む! ダイエットにおすすめのとりごぼう料理5選 画像(15/5) 「ごぼうと蒸しどりのおしゃれサラダ」 レタスクラブニュースより

ごぼうは、しわが寄ったものやひげが多いものは古くなっているので、中に「す」が入ってしまっていることも。ひび割れがなく、先まですらりとしたものを選ぶのがおすすめです。