【作り置きレシピ】4日間保存可能。「もやしナムル」は3度おいしい便利メニュー 画像(1/4) レンジ加熱後の水きりが日もちさせるコツ

いかにして調理の手間を省いておいしいものを食べるか、ということばかり考えているO子です。暑い時期はなおさらのこと。買い物に行く手間も省きたいし、台所で火を使う時間も短くしたい。そんなO子の今週の作り置きは「もやしナムル」です。

作り方は、電子レンジでチンしたもやしをごま油などであえるだけ。そのまま食べてもおいしく、ご飯にのせればビビンバに。冷たいうどんとあわせれば、味にパンチとボリュームが生まれます。日もちさせるコツは、レンジ加熱後の水きりにあり。ここでしっかり水けをきっておけば、冷蔵庫で4日間はもちますよ。


【もやしナムル】(87kcal、塩分0.8g)


<材料>(作りやすい分量・4人分)

もやし2袋、ごま油大さじ2、塩小さじ1/3強、豆板醤小さじ1/2~1、白いりごま大さじ1、しょうゆ少々


<作り方>

(1)耐熱ボウルにもやしを入れ、ふんわりとラップをかけて500Wの電子レンジで約5分加熱する。取り出して、ざるにあけて水けをきり、そのままおいて粗熱をとる。

(2)別のボウルに入れ、ごま油、塩、豆板醤、白いりごま、しょうゆを順に加え、そのつどよく混ぜ合わせる。※保存容器に入れ、冷蔵で3~4日間保存可能。


ごはんにのせてビビンバに。うどんと混ぜてもおいしい! アレンジレシピもおすすめです。

文=O子

【作り置きレシピ】4日間保存可能。「もやしナムル」は3度おいしい便利メニュー 画像(4/4) 目玉焼きを焼いて、かにかまぼこをプラスすれば「かにかまビビンバ」の完成
【作り置きレシピ】4日間保存可能。「もやしナムル」は3度おいしい便利メニュー 画像(8/4) うどんにナムルを加え、しょうが&にんにくがきいたれであえたひんやりうどん。食欲がないときでもするする食べられます