調理時間15分以下で食べ応えあり!「ラクチン丼」5選 画像(1/5) 「豚こまの酸辣(サンラー)あんかけ丼」

手早く作れておいしいどんぶりメニューは、忙しい日の夕食はもちろん、休日のお昼ごはんにも便利です。今回は中でも15分以内で作れるレシピをご紹介。どれもボリュームはたっぷりで、食べ応えがありますよ。


豚こまの酸辣(サンラー)あんかけ丼

【材料・2人分】

豚こま切れ肉 100g、溶き卵 S1個分、にんじん 4cm(約30g)、しいたけ 2枚、もやし 1/4袋(約50g)、万能ねぎの小口切り 2~3本分、温かいご飯 茶碗2杯分、煮汁(とりガラスープの素 小さじ1/2、しょうゆ、酒 各大さじ1、塩、こしょう 各少々、水 1カップ)、水溶き片栗粉(片栗粉、水 各大さじ1)、しょうゆ、片栗粉、サラダ油、酢、ラー油

【作り方】

1. にんじんはせん切りにし、しいたけは薄切りにする。豚肉は細切りにしてボウルに入れ、しょうゆ小さじ1をもみ込み、片栗粉小さじ1をまぶす。

2. フライパンにサラダ油小さじ2と豚肉を入れて火にかけ、木べらでほぐしながら炒める。肉の色が変わったら、にんじんを加えてさっと炒める。煮汁の材料を加えて煮立ったら、しいたけ、もやしを加えてさらに1~2分煮る。豚肉はしっかり炒めて脂を出すと、パラパラにほぐれ、ほかの食材やあんとからみやすくなる。

3. 水溶き片栗粉を加えて混ぜ合わせ、とろみがついたら溶き卵を少しずつ回し入れて大きく数回混ぜる。酢大さじ1、ラー油適量を入れてひと混ぜする。器にご飯を盛ってかけ、万能ねぎを散らす。

(1人分473Kcal、塩分2.5g、調理時間10分)

酢のほどよい酸みとラー油の辛みが絶妙。豚肉やにんじん、しいたけといった具材を小さめにカットすると、あんの味がしっかりなじみます。具だくさんのあんをご飯によくからめて召し上がれ。


洋風牛丼

牛乳を使ってクリーミーな牛丼に仕立てます。煮汁が沸騰する直前に水溶き片栗粉を加え、とろみをつけるのがポイント。

調理時間15分以下で食べ応えあり!「ラクチン丼」5選 画像(3/5) 牛乳入りのまろやか味が美味!「洋風牛丼」

さば缶の卵とじ丼

面倒な下処理がいらないさば缶を丼に活用。ほうれん草は下ゆでせず、生のまま煮汁に入れましょう。

調理時間15分以下で食べ応えあり!「ラクチン丼」5選 画像(6/5) 「さば缶の卵とじ丼」

かつおのポキ風丼

風味豊かなごま油が、アボカドと旬のかつおを上手にまとめます。最後に万能ねぎをふれば彩りもアップ。

調理時間15分以下で食べ応えあり!「ラクチン丼」5選 画像(10/5) 「かつおのポキ風丼」

せりと鮭の卵とじ丼

せりはシャキシャキ感を残すため、鍋に入れた後はさっと煮るだけでOK。鮭や長いもとの食感の違いを楽しんでくださいね。

調理時間15分以下で食べ応えあり!「ラクチン丼」5選 画像(15/5) 「せりと鮭の卵とじ丼」

アツアツご飯をたくさん食べられるのも丼の醍醐味。1品でもじゅうぶん満足できるように、ご飯は多めに準備しておくのがおすすめです。