生クリームがなくても牛乳でOK! チキンのうまうまクリーム煮5選 画像(1/5) 「とりと春野菜のクリームコーン煮」

煮物料理に生クリームを入れるとマイルドな味わいに仕上がります。もし生クリームがなかった場合は牛乳を活用するのがおすすめ。今回は、生クリームがなくてもコクを出せるとり肉の煮物5選を紹介します。奥深い味が楽しめる料理が揃っているので、好みのメニューを選んでみて。


とりと春野菜のクリームコーン煮

【材料・2人分】

とりもも肉 大1枚(約300g)、牛乳 大さじ2、新玉ねぎ 1/2個、グリーンアスパラガス 3本、クリームコーン缶 小1缶(約190g)、サラダ油、しょうゆ、塩、こしょう

【作り方】

1. 玉ねぎは1cm幅のくし形に切る。アスパラガスは根元のかたい部分の皮をむき、一口大の斜め切りにする。とり肉は余分な脂を除き、縦半分に切って一口大のそぎ切りにする。

2. フライパンに油小さじ1を熱し、とり肉を炒める。皮目に焼き色がついてカリッとしたら、玉ねぎ、アスパラガスも加え、全体に火が通るまで炒め合わせる。

3. クリームコーン、牛乳を加えてからめながら炒め煮にし、しょうゆ小さじ1、塩、こしょう各少々で調味する。器に盛り、好みでパセリをちぎってのせても。しっかり味のクリームコーン缶を使って手軽に味つけを。牛乳も加えて、軽くのばしながらからめて。

(1人分416Kcal、塩分1.5g、調理時間13分)

市販のクリームコーン缶を使用したすぐでき料理。牛乳を入れた後は、軽くのばしながら炒めるのがおいしく作るコツです。具材のアスパラガスやとり肉にしっかりと味をしみ込ませましょう。


ブロッコリーととり肉のクリーム煮

歯ごたえ抜群のブロッコリーがクセになる1品。水溶き片栗粉でとろみをつければ、舌触りがなめらかになります。

生クリームがなくても牛乳でOK! チキンのうまうまクリーム煮5選 画像(3/5) まろやかなホワイトソースが絶品の「ブロッコリーととり肉のクリーム煮」

アスパラととり肉のミルク煮

具材のアスパラガスは根元がかたいので、1~1.5cmほど切り落としましょう。皮は根元から5~6cmむけばOK。

生クリームがなくても牛乳でOK! チキンのうまうまクリーム煮5選 画像(6/5) 「アスパラととり肉のミルク煮」

とりと白菜のオイスタークリーム煮

オイスターソースやバターが入った“コクありクリーム”が味の決め手。最後に塩を足して味の調節をすればでき上がりです。

生クリームがなくても牛乳でOK! チキンのうまうまクリーム煮5選 画像(10/5) 「とりと白菜のオイスタークリーム煮」

とりと根菜のクリーム煮

やわらかいとり肉と根菜にたっぷりうまみが詰まっています。香りづけにローリエをプラスすれば風味がグッとアップ。

生クリームがなくても牛乳でOK! チキンのうまうまクリーム煮5選 画像(15/5) 「とりと根菜のクリーム煮」

牛乳が入った煮物のクリーミーな味は、大人から子どもまで幅広い世代に好まれます。料理がマンネリ化してきた時は、ぜひ献立に加えてみてくださいね。