発酵×発酵! 相性良過ぎな納豆とキムチのコラボ料理5選

#食 
「豚納豆キムチ丼」


日本の食卓には欠かせない「納豆」と、韓国を代表するから〜い漬物「キムチ」。今回はそんな2つの発酵食品を使った、納豆とキムチのコラボ料理5選を紹介します。単体でもおいしいのはもちろんですが、組み合わせればさらにパワーアップ。市販品を使用することで調理の手間も省けるので、ぜひ試してみてくださいね。

豚納豆キムチ丼


【材料・2人分】

豚しゃぶしゃぶ用肉 100g、納豆 小2パック(約80g)、白菜キムチ 100g、にら 1/2わ、温かいご飯 茶碗大盛り2杯分、塩、しょうゆ

【作り方】

1. キムチは粗く刻んでボウルに入れる。

2. 鍋に湯を沸かし、塩小さじ2を加えて、にらをさっとゆでてざるに上げる。続けて豚肉を広げてさっとゆでて取り出す。

3. にらの粗熱がとれたら水を絞って2cm長さに切り、もう一度水を絞って1のボウルに加える。豚肉は1.5cm幅に切って、ボウルに加える。納豆としょうゆ少々も加えて、よく混ぜる。豚肉はにらをゆでた湯でゆでて、ほかの材料と混ぜる。油を使って炒めないので、ヘルシーな仕上がりに。

4. 器にご飯を盛り、3をのせる。

(1人分535Kcal、塩分2.1g)

納豆のネバネバパワーでご飯がどんどん進む1品です。豚肉はお湯でゆでてあるので、味は意外にもさっぱりテイストに。また「にら」には数種類のビタミンが豊富に含まれており、夏場の栄養源としてもおすすめですよ。

納豆そぼろのレタス包み


ひき肉から出るだしで、そぼろのうまみが増します。レタスで包めば野菜も一緒に食べられてバランスもバッチリ。

発酵食品・肉・野菜が一度に摂れる「納豆そぼろのレタス包み」


納豆キムチ餃子


コクのある発酵食品コンビは餃子の具としても便利。焼く時に片栗粉入りのお水を加えるときれいな焦げめになります。

「納豆キムチ餃子」


納豆キムチスープ


水菜でヘルシーにボリュームアップした具だくさんスープです。かくし味にみそを利用するのがポイント。

「納豆キムチスープ」


納豆キムチ餃子


長ねぎは具材としてだけでなく、薬味としても使えて一石二鳥。花のように盛りつけて、見た目も華やかにしてみましょう。

「納豆キムチ餃子」


味つけとしても役立つ納豆とキムチですが、匂いが強いのが難点…。食べた後はマウスケアを念入りにしておくといいかもしれません。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //