ちょい足しで満足感アップ! 5分でできるほうれん草のあえもの

#食 
「ほうれん草のピリ辛あえ」


“あえもの”は、和食に欠かせない献立の一つ。和えるだけで完成するので、「おかずが少ないからもう一品欲しい!」という時にピッタリです。そこで今回は、5分でできるほうれんそう草のあえもの5選をご紹介。カロリーを抑えたメニューばかりなので、ダイエット中の人もぜひ作ってみてください。

ほうれん草のピリ辛あえ


【材料・2人分】

しめじ 1/2パック、ほうれん草 1/2わ(約100g)、かまぼこ 30g、あえごろも(白練りごま 大さじ1、砂糖 しょうゆ 各小さじ1、豆板醤[トウバンジャン] 小さじ1/2)、塩

【作り方】

1. しめじは小房に分け、塩少々を加えた熱湯でさっとゆで、ざるに上げる。続けて、ほうれん草をゆで、水にとってさまして、4cm長さに切って水を絞る。かまぼこは5mm幅に切ってから、斜め切りにする。

2. ボウルにあえごろもの材料を混ぜ合わせ、野菜とかまぼこをあえる。

(1人分87Kcal、塩分1.1g、調理時間5分)

ほうれん草としめじのコリコリ食感がベストマッチ。かまぼこと白練りごまも風味を引きたてるので、香り高い一品に仕上がっています。豆板醤のピリっとした刺激が食欲をそそって、食べる手が止まらなくなりそう。

ほうれん草のなめたけおろしあえ


サッパリとした冷凍ほうれん草と大根おろしがGOOD。上に乗った刻みのりの香ばしさもたまりません。

めんつゆを吸った大根おろしが絶品の「ほうれん草のなめたけおろしあえ」


ほうれん草のごまくるみあえ


ローストくるみの歯ごたえが良いアクセントに。あえごろもの甘じょっぱさも◎

「ほうれん草のごまくるみあえ」


ほうれん草のなめたけあえ


瓶づめのなめたけがほうれん草のうまみをアップ。ポン酢じょうゆのあっさりテイストで、パクパクいただけます。

「ほうれん草のなめたけあえ」


ほうれん草とチーズの洋風あえ


プロセスチーズのなめらかな舌触りが楽しめるあえもの。ほうれん草はさっと茹でた後に、冷水でさましてくださいね。

「ほうれん草とチーズの洋風あえ」


ほうれん草は寒くなる季節が旬。葉の緑色が濃くなって、ビタミンなどの栄養がグンと上昇します。葉がみずみずしく先端までピンと立っていて、茎がしっかりとしたものをチョイスするのがポイント。この時期にピッタリなほうれん草を使って、バリエーションを増やしてみては?

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)