もう薬味とは言わせない! 長ねぎがメインのおかず5選 画像(1/5) 「長ねぎのスープ煮」

薬味として登場する機会が多い「長ねぎ」。噛んだときの風味や苦みで、料理のおいしさを引き立てます。脇役のイメージもありますが、活躍の場は“メイン料理”にも。今回は、長ねぎがメインのおかず5選をご紹介しましょう。冬で甘みの増したねぎは、温めると芯がとろりとして抜群のおいしさに♪

長ねぎのスープ煮

【材料・2人分】

長ねぎ 1本、固形スープの素 1個、ローリエ 1枚

【作り方】

1. ねぎは3cm長さに切る。

2. 小鍋に水1カップを入れて火にかけ、沸騰したらねぎ、スープの素、ローリエを加えてふたをし、ねぎがやわらかくなるまで約4分煮る。

(1人分19Kcal、塩分0.9g、調理時間5分)

長ねぎは食べやすいサイズにカットしてください。ローリエと一緒に鍋で煮込んで、ねぎがやわらかくなったら完成。シンプルなレシピなので、他の料理と平行して作れるのが嬉しいですね。

焼きねぎのぬた風

青い部分も含めて、ネギは一口大に切ります。こんがり焼き色がついたねぎと、みそだれのコラボがたまりません。

もう薬味とは言わせない! 長ねぎがメインのおかず5選 画像(3/5) 甘いみそが決め手の「焼きねぎのぬた風」

ねぎのバター蒸し

ねぎにバターをのせて電子レンジで加熱。塩とこしょうで味を整えたらできあがりです。

もう薬味とは言わせない! 長ねぎがメインのおかず5選 画像(6/5) 「ねぎのバター蒸し」

ゆずねぎマリネ

カットしたねぎの裏と表に切り込みを入れてください。マリネのさわやかな酸みで、どんどん食べ進めてしまいそう。

もう薬味とは言わせない! 長ねぎがメインのおかず5選 画像(10/5) 「ゆずねぎマリネ」

焼きねぎのポン酢びたし

フライパンでねぎに焼き色がつくまで焼きます。粉ざんしょうの香ばしさが食欲をそそる一品。

もう薬味とは言わせない! 長ねぎがメインのおかず5選 画像(15/5) 「焼きねぎのポン酢びたし」

長ねぎ選びのポイントは、色と張りです。青と白の部分がはっきり分かれていて、ピンと張りのあるものが良品。旬を迎えたねぎは太くてやわらかくなるので、買う時の参考にしてみては?