シンプルだから何にでもアレンジ可能! 5日間保存できる「ゆで野菜」の作り置き

#食 
「ゆでブロッコリー」


副菜になる野菜を準備しておくと手間がかかりません。今回は5日間保存ができる、アレンジ自在な「ゆで野菜」をご紹介します。

ゆでブロッコリー


【材料・作りやすい分量】

ブロッコリー 1個、にんにく 2片、塩 大さじ1

【作り方】

1. ブロッコリーは小房に分ける。茎は皮むき器か包丁で皮を厚めにそぎ、3~4cm長さ、6~7mm幅の棒状に切る。にんにくは3~5mm厚さに切る。

2. 鍋に湯1.5Lを沸騰させ、塩大さじ1、1を入れて約2分ゆでる。ざるに上げ、さめたらにんにくとともに保存容器に入れる。

お料理メモ

【保存期間】冷蔵で約5日

ブロッコリーの青臭さはにんにくと一緒にゆでることでカットされます。具材を切ったら約2分ゆでるだけのお手軽レシピは、空いた時間で手軽にストック可能。塩だけで味をつけたシンプルな味わいが特徴です。

小松菜の塩ゆで


小松菜はカットせずに、根元からまるごと湯に投入。ゆで上がったら、絞らずにざるの上で時間をかけて湯切りします。粗熱がとれてからカットして、密閉容器に入れましょう。定番野菜を常備しておけば、忙しくてもパっと副菜を用意できるのが◎

自然な湯切りで長持ち「小松菜の塩ゆで」


ゆで菜の花


菜の花はかすかな花の香りと、ほのかな苦みが魅力です。冷蔵庫にあればいつでも春らしい料理をつくれるのが嬉しい野菜。栄養豊富な菜の花は、いろどりも豊かなので食卓を華やかにしてくれそう。おもてなし料理の際に使えば、趣のある1品に。

「ゆで菜の花」


ゆでチンゲンサイ


チンゲンサイは八つ割りにしてから、4cmほどの長さに切って軸と葉に分けます。食感をキープするために軸と葉は時間差でゆでるのがポイント。ゆで上がったら冷水に放ち、水けをしっかり絞って保存すれば完成です。

「ゆでチンゲンサイ」


ブロッコリーとカリフラワーの塩ゆで


ブロッコリーとカリフラワーはそれぞれ小房に分け、茎は皮を厚めにむいてから縦5mmに切ります。先にブロッコリーを鍋に入れて、ざるに移してからカリフラワーをゆでるのがコツ。カリフラワーのゆで時間は、ブロッコリーより長めの約5分です。

「ブロッコリーとカリフラワーの塩ゆで」


素材そのままの味わいがおいしいゆで野菜は、アレンジに最適な常備野菜です。あと1品欲しい時、お手軽に副菜を用意できるので試してみてくださいね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)