野菜がたっぷり食べられる! 冷やしておいしい作り置き「ラタトゥイユサラダ」 画像(1/2) 冷たくするとさらにおいしい!

ラタトゥイユといえば温かくして食べるのが定番ですが、実は冷やして食べてもおいしいんです! 旬の野菜の甘みが楽しめる「ラタトゥイユサラダ」は、とろりとした食感もやさしい一品。ひんやり冷やして食べれば、食欲がないときもおいしく食べられるはず。もちろん、温めて食べても◎。パスタソースにしたり、ご飯にかけてチーズをふり、ドリア風に楽しむのもおすすめです。


ラタトゥイユサラダ

【材料】(作りやすい分量・約900g)

なす 4個、ズッキーニ 2本、玉ねぎ 1個、ピーマン 3個、にんにく 1片、ホールトマト缶 1缶(約400g)、あれば好みのハーブ(バジルやオレガノ) 適量、塩、オリーブ油


【作り方】

1.なすは7mm厚さの輪切りにし、塩少々を加えた水につける。ズッキーニは7mm厚さの半月切りにする。玉ねぎは一口大に切り、赤ピーマンは縦半分に切って一口大に切る。にんにくは包丁の腹で潰す。

2.鍋にオリーブ油大さじ3を熱し、1のなすを水けをきって入れ、炒める。油がまわったらいったん取り出す。

3.オリーブ油大さじ1を足し、にんにくを入れる。香りが立ったらズッキーニ、玉ねぎを炒める。赤ピーマンを加えてさっと炒め、2を戻し入れる。ホールトマトを缶汁ごと加え、木べらで潰し、約20分時々混ぜながら煮る。

4.汁けが少なくなったら塩小さじ1/2~2/3で調味し、ハーブをちぎって加え、さっと混ぜる。※保存容器に入れ、冷蔵庫で3~4日間保存可能。

(全量で759kcal、塩分3.0g)