使う食材は2つだけ! 余った野菜×ベーコンで作る簡単炒め 画像(1/5) 「ピーマンのベーコン炒め」

食材が家にないとき、野菜だけで炒めものをするのは少し味気ないですよね。ストックできるベーコンを使った炒めものなら、忙しい日でもパパっと肉入りのおかずが用意できます。ベーコンを使うことで、簡単にコクが出せるのもうれしいポイント。日々の食事やお弁当に活用できるベーコンレシピを、ぜひ作ってみませんか?

ピーマンのベーコン炒め

【材料・2人分】

ピーマン 3個、ベーコン 3枚、塩、粗びき黒こしょう

【作り方】

1. ピーマンは縦半分に切り、種やわたと一緒にへたを折るようにして取り除く。残っているわたは食感が悪いので、手で引いて取り除き、横5mm幅に切る。ベーコンは5mm幅に切る。

2. フライパンに油をひかずにベーコンを入れて火にかけ、ベーコンの脂が出てきたらピーマンを入れてさっと炒め、塩小さじ1/3で調味する。

3. 器に盛り、粗びき黒こしょう少々をふる。

(1人分131kcal、塩分1.6g、調理時間10分)

ピーマンとベーコンのうまみを活かすため、味つけはシンプルに塩こしょうだけ。ピーマンはへたを折るようにして種を除き、残っているわたも手で引いて取ります。炒めるときは、ベーコンから出てくる脂を活用しましょう。

ミニトマトのベーコン炒め

ミニトマトの甘酸っぱさがやみつきになるはず。仕上げにパセリを加えることで、香りがアップします。

使う食材は2つだけ! 余った野菜×ベーコンで作る簡単炒め 画像(3/5) ビビッドカラーで見映えばっちり!「ミニトマトのベーコン炒め」

チンゲンサイ炒め

中華スープの素でチンゲンサイとベーコンを煮た、やさしい味わいの炒めものです。チンゲンサイのやわらかな歯ざわりを堪能してみて。

使う食材は2つだけ! 余った野菜×ベーコンで作る簡単炒め 画像(6/5) 「チンゲンサイ炒め」

ベーコンとかぼちゃの和風炒め

かぼちゃの甘みとベーコンの塩けが相性抜群。フライパンにバターを入れたら、かぼちゃとベーコンを入れて蒸し焼きにします。

使う食材は2つだけ! 余った野菜×ベーコンで作る簡単炒め 画像(10/5) 「ベーコンとかぼちゃの和風炒め」

ごぼうとベーコンのカレー炒め

カレー粉のスパイシーな風味が食欲をそそる1品です。うす塩冷凍ごぼうを使えば、パパっと炒めものが作れるのでおすすめ。

使う食材は2つだけ! 余った野菜×ベーコンで作る簡単炒め 画像(15/5) 「ごぼうとベーコンのカレー炒め」

ベーコンは保存食の1つで、成形した豚肉を塩漬けにしてくん煙した加工品。焼き、炒め、煮こみなどさまざまな調理方法にマッチします。買いものに行けない日でも肉料理が作れるよう、ベーコンをストックしておくのも◎