脱・茶色いお弁当! 彩りに困ったら使える赤色おかず5選

#食 
「パプリカのみそきんぴら」


お弁当を毎日作っていると、つい茶色のおかずばかりになってしまいがち。せっかく作るなら、なるべくカラフルで見映えのいいお弁当を目指したいですよね。パッと目を引く赤色のおかずを入れれば、華やかさも一気にアップ。今回は彩りに困ったときに使える“赤色”のおかずを紹介します。

パプリカのみそきんぴら


【材料・4人分】

赤パプリカ 1個、ごま油 大さじ1、酒 大さじ1、みそ 大さじ1/2

【作り方】

1. 赤パプリカは横半分に切り、縦1㎝幅に切る。

2. フライパンにごま油大さじ1を中火で熱し、パプリカを炒める。

3. パプリカに火が通ったら酒大さじ1、みそ大さじ1/2を加え、強火にして汁けをとばしながら味をからめる。

(1人分41Kcal、塩分0.3g)

赤パプリカの甘みとみそのうまみが相性抜群です。栄養価も高く彩りもいい赤パプリカはお弁当にもおすすめ。ごま油を使って炒め、こうばしさをプラスしましょう。パプリカは表面がつややかで張りがあり、肉厚で弾力のあるものを選ぶとGOOD。

えのきとハムのケチャップ炒め


味つけにケチャップを使うことで、子どももよろこぶ味わいになります。シャキッとしたえのきたけの食感を楽しんで。

ケチャップ味でご飯がすすむ「えのきとハムのケチャップ炒め」


かぼちゃとミニトマトのバター煮


バターの濃厚なコクがアクセントに。かぼちゃとミニトマトのやわらかな食感が魅力の1品です。

「かぼちゃとミニトマトのバター煮」


鮭のちゃんちゃん焼き風


定番の焼き鮭にひと工夫を加えたレシピ。ピリッと辛い豆板醤入りみそだれが食欲をそそります。

「鮭のちゃんちゃん焼き風」


うずらの卵のケチャップ炒め


うずらの卵の水煮と中華風ケチャップだれを合わせて、炒め煮にしていきます。たれのほどよい酸みが、おつまみにもぴったり。

「うずらの卵のケチャップ炒め」


さまざまなおかずのレシピを覚えておけば、お弁当のレパートリーがマンネリ化することを防げます。野菜や魚などバリエーション豊富なので、飽きがこないのもうれしいですよね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //