毎朝の食事にプラスするだけ! 月~金の夏野菜を使ったみそ汁

#食 
「トマトのみそ汁」


暑い季節は食欲が落ちてしまいがちですよね。野菜を使ったみそ汁なら、さらっと栄養を補給できそう。今回は、月~金で作りたい夏野菜のみそ汁5選を紹介します。旬の野菜は安く手に入れやすいのもうれしいポイント。パパっと簡単に作れるみそ汁を、毎日の食事に取り入れてみては?

トマトのみそ汁


【材料・2人分】

ちりめんじゃこ 大さじ1、トマト 1/2個(約80g)、削りがつお 小1袋(3g)、みそ

【作り方】

1. トマトは1cm角に切る。

2. 鍋に水2カップと削りがつおを入れて火にかける。ひと煮立ちしたら、トマト、ちりめんじゃこを加えてさっと煮て、みそ大さじ1強を溶き入れる。

(1人分39Kcal、塩分1.4g)

トマトの鮮やかな色合いが目を引くレシピ。鍋に水と削りがつおを加えてひと煮立ちさせたら、ちりめんじゃことカットしたトマトを入れてください。トマトの酸みとちりめんじゃこのうまみが相性抜群です。

なすのみそ汁


にんにくとオリーブでコクを加えます。みそ汁に使う「なすのじっくり焼き」は冷蔵庫で3~4日保存可能。

素材の甘みがぎゅっと凝縮した「なすのみそ汁」


ねばねばみそ汁


オクラとめかぶのねばねばした舌ざわりがGOOD。5分で作れるので、忙しい日でも手軽に汁ものが用意できます。

「ねばねばみそ汁」


ズッキーニのみそ汁


ごま油のこうばしい風味がアクセントになっています。輪切りにしたズッキーニは、両面をこんがりと焼くのがコツ。

「ズッキーニのみそ汁」


焼きピーマンとトマトのみそ汁


ピーマンはさっと加熱するだけでOKです。ピーマン全体に油がまわったらミニトマトを軽く炒め、だし汁を投入。ほどよい苦みがみそ汁の味を引きしめます。

「焼きピーマンとトマトのみそ汁」


みそ汁の具材をピーマン、トマト、オクラなどの旬野菜にすれば、夏を感じられる粋なメニューに早変わり。食卓に1品プラスするだけで、華やかさがアップしますよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //