自宅でお店風メニューが作れる! お手軽「アレンジ煮込みハンバーグ」 画像(1/5) 「和風煮込みハンバーグ」

子どもから大人まで美味しくいただけるハンバーグですが、どうしても作り方が単調になりがち。できれば、普段とはちょっと違ったハンバーグも作れるようになれたら嬉しいものです。今回は、お店で提供されるような煮込みハンバーグメニューをご紹介。見た目に反して作り方はとっても簡単ですよ。

和風煮込みハンバーグ

【材料・2人分】

ハンバーグだね(合いびき肉 200g、溶き卵 1/2個分、牛乳 大さじ1、玉ねぎのみじん切り 1/4個分、パン粉 大さじ2、塩、こしょう 各少々)、赤パプリカ 1/2個、しめじ 1/2パック(約50g)、三つ葉 1株、煮汁(だし汁 1/2カップ、しょうゆ、砂糖 各小さじ2)、サラダ油

【作り方】

1. パプリカは縦4等分に切り、長さを斜め半分に切る。しめじは小房に分ける。三つ葉はざく切りにする。ハンバーグだねを作る。ボウルにハンバーグだねの材料を合わせてよく練り混ぜ、4等分して小判形にまとめる。

2. フライパンに油小さじ1を熱し、ハンバーグを並べ入れて、1~2分焼きつける。焼き色がついたら上下を返し、さらに1~2分焼きつけて両面色よく焼く。ハンバーグだねは両面を焼きつけてうまみを閉じ込め、煮汁を加えて煮て、中まで火を通す。

3. ペーパータオルで余分な脂を拭き取って煮汁を注ぎ、パプリカ、しめじも加えてふたをする。4~5分蒸し煮にし、ハンバーグに火が通ったら、フライパンのあいたところに三つ葉を入れ、しんなりするまでさっと煮る。

(1人分310Kcal、塩分1.1g、調理時間20分)

ハンバーグをだし汁でしっかり煮込んだメニュー。噛んだ瞬間に、煮汁のやさしい味わいと肉汁がジュワッと溢れてきます。三つ葉や赤パプリカを添えることで、見映えが華やかな印象に。

マスタード煮込みハンバーグ

粒マスタードがハンバーグの味を引き立ててくれます。トマト缶は加熱すると、うまみが増してGOOD。

自宅でお店風メニューが作れる! お手軽「アレンジ煮込みハンバーグ」 画像(3/5) 粉チーズで濃厚な味を楽しめる「マスタード煮込みハンバーグ」

トマト煮込みハンバーグ

ハンバーグの両面をこんがり焼いて、肉汁を閉じこめましょう。トマトとレモンの酸みでさっぱりと食べられます。

自宅でお店風メニューが作れる! お手軽「アレンジ煮込みハンバーグ」 画像(6/5) 「トマト煮込みハンバーグ」

煮込みハンバーグのドミグラス風

身近な調味料でお手軽にソースを作れる1品です。ハンバーグの上にのせたしめじのコリコリ食感がたまりません。

自宅でお店風メニューが作れる! お手軽「アレンジ煮込みハンバーグ」 画像(10/5) 「煮込みハンバーグのドミグラス風」

ポン酢クリーム煮込みハンバーグ

ポン酢じょうゆですっきりとした口当たりに仕上がります。ハンバーグを小判形にまとめる際は、しっかり中の空気を抜いておくと◎

自宅でお店風メニューが作れる! お手軽「アレンジ煮込みハンバーグ」 画像(15/5) 「ポン酢クリーム煮込みハンバーグ」

同じ煮込みハンバーグでも、ひと工夫加えるだけで様々な味を楽しめます。料理のバリエーションも広がるので、この機会にぜひ覚えてみては?