家飲みのお供にも◎ リピートしたくなる「れんこんのシャキシャキあえもの」5選

#食 
「れんこんの梅おかかあえ」


旬を迎えるれんこんは、栄養満点な冬野菜の代表格。「先を見通せる」といわれており、昔から縁起のよい食材として親しまれています。今回ご紹介するのは簡単に作れるれんこんの副菜。レパートリーのバリエを増やして、今年の冬は体も喜ぶれんこんをたっぷり食べてみては?

れんこんの梅おかかあえ


【材料・2人分】

れんこん 100g、梅干し 1個、削りがつお 1/2袋(約2g)

【作り方】

1. れんこんは2~3mm厚さの半月切りにし、水に約5分さらして水けをきる。耐熱ボウルに入れ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで約1分加熱し、水けを拭く。

2. 梅干しは種を取り、なめらかになるまで包丁でたたく。1に、削りがつおとともに加え、あえる。

※電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(1人分31Kcal、塩分0.4g)

梅干しと削りがつおの風味を楽しめる副菜。れんこんは2~3mmほどの半月切りにして、水に5分ほどさらすのがポイントです。食べやすいように梅干しは種を抜いて、包丁で細かく叩いてください。

れんこんの酢みそあえ


塩けが際立った味つけなのでご飯が進みます。まろやかな酢みその味わいがれんこんと相性抜群。

シャキシャキ感がGOOD!「れんこんの酢みそあえ」


れんこんの明太あえ


ピリッとした明太子の辛みが程よいアクセントに。れんこんはシャキシャキ感を残すためにさっとボイルすればOKです。

「れんこんの明太あえ」


れんこんのカレーマヨあえ


味にムラができないように、カレーマヨソースはボウルでしっかり混ぜ合わせます。粗びき黒こしょうでパンチをきかせてめしあがれ。

「れんこんのカレーマヨあえ」


れんこんのピーナッツあえ


スイートなピーナッツバターとしょうゆの風味が絶品。調理時間5分で完成する超スピードメニューです。

「れんこんのピーナッツあえ」


れんこんはビタミンCが豊富に含まれているため、美肌を保ちたい女性におすすめ。アクや穴の汚れを取り除いて、絶品の副菜に変身させましょう。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)