5分でもう1品! レモンと野菜で作る「さわやか副菜」5選

#食 
「にんじんのレモングラッセ」


味の濃いものやガッツリ系の主菜を食べると、スッキリとした味が恋しくなるはず。今回は、レモンの風味をプラスした副菜を5つピックアップしました。レモンの他には1品の野菜しか使わないため、余りものを消費する時などにも便利です。この機会にぜひ作り方をマスターしてみては?

にんじんのレモングラッセ


【材料・2人分】

にんじん 2/3本、レモンの薄切り 2枚、顆粒スープの素 小さじ1/2、砂糖、バター

【作り方】

1. にんじんは7mm厚さの輪切りにし、レモンは半分に切る。

2. 耐熱ボウルに、1、砂糖大さじ1、バター10g、スープの素を入れてふんわりとラップをかけ、電子レンジで約3分加熱する。取り出して混ぜ合わせ、器に盛る。

※電子レンジは500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(1人分82Kcal、塩分0.6g、調理時間5分)

にんじんとレモンを使った超お手軽メニューです。にんじんは太めの輪切りにし、砂糖で甘く味つけしましょう。口に含んだ瞬間に、やさしい甘みとスッキリとした口当たりを堪能できますよ。

キャベツの浅漬けサラダ


シャキシャキのキャベツをレモンで味つけした1品。黒こしょうなどを加えたドレッシングをからめると、やみつき感がアップします。

レモンの風味が際立つ「キャベツの浅漬けサラダ」


さっぱり長ねぎマリネ


長ねぎのしんなりとした食感を楽しむマリネです。にんにくのこうばしい香りが食欲をそそるかも。

「さっぱり長ねぎマリネ」


かぶと桜えびのレモン炒め


桜えびは食感だけでなく、見映えにもアクセントをプラスします。仕上げにレモン汁をふってめしあがれ。

「かぶと桜えびのレモン炒め」


ミニトマトのレモンはちみつマリネ


ミニトマトは縦半分に切り、レモンはいちょう切りにすると食べやすいサイズに。トマト・レモンの酸みが相性抜群で、パクパクといただけます。

「ミニトマトのレモンはちみつマリネ」


どれもたった5分で作れる絶品メニューばかり。野菜不足を感じている人はもちろん、箸休めになる副菜を並べたい時などにうってつけです。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //