誰のジャマもいたしません! どんな料理にもぴったり寄り添う作り置き「白菜の塩昆布漬け」 画像(1/2) 昆布のまろやかなうまみがいきわたった

せっかく手をかけておいしいメイン料理を作っても、副菜との相性が悪いとメイン料理もイマイチな印象に。そんな悲しい事態を避けるには、どんな料理ともケンカしない副菜を作り置きしておくと便利です。たとえば「白菜の塩昆布漬け」。みずみずしい白菜を塩昆布であえた一品は、さっぱり味だけどしっかりおいしい作り置き。和食、洋食、中華、イタリアン……どんな料理の味もジャマすることなく、メイン料理を引き立てます。鍋料理で余った白菜の使い切りレシピとしてもおすすめの一品です。


白菜の塩昆布漬け

【材料】(2人分)

白菜 1/8株、にんじん 1/2本、塩昆布 大さじ1、塩 小さじ1/2


【作り方】

1.白菜は5cm長さ、1cm幅に切り、にんじんは5cm長さのせん切りにする。ボウルに入れ、塩小さじ1/2をふって混ぜ、約5分おく。

2.汁けをしっかり絞り、塩昆布大さじ1を加えてあえる。

(1人分32kcal、塩分1.0g)